私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Dirty & Beautiful Volume 2/Gary Husband | トップページ | ウィルコムプラザの対応のまずさ »

2012/04/04

Ode/Brad Mehldau Trio

Bradode
今手持ちにあるアルバムで真っ先に聴いてみたいのはこれでした。でも、聴きながら急ぎの用事があって、そっちに集中してしまうとあっけなく終わってしまい、日を改めて聴いてみました。彼のファンにはけっこういいとは思うのですが、全曲オリジナルというのはトリオの形態としては、ちょっと冒険ではなかったかな、と思います。確かにスゴいことをやっているんだけど、オリジナルばかりトリオで何枚も続くか、ということを考えると、ちょっと心配になってくるのも事実です。素晴らしいけどアピールしてくる強さがもう少し欲しいのは、彼のキャラクターの面と、強度のもっとあるメロディだったのかもしれません。あくまでも個人的意見ですし、自分も星をつけるなら4つにはなりますけど。


Ode/Brad Mehldau(P) Trio(Nonesuch)(輸入盤) - Recorded November 17, 2008 and Track 3, 8 & 19 recorded April 19, 2011. Larry Grenadier(B), Jeff Ballard(Ds) - 1. M.B. 2. Ode 3. 26 4. Dream Sketch 5. Bee Blues 6. Twiggy 7. Kurt Vibe 8. Stan The Man 9. Eulogy For George Hanson 10. Aquaman 11. Days Of Dilbert Delaney

(12/04/03)全曲ブラッド・メルドーの作曲。いつもはスタンダードとかロックの名曲が入っているのだけど、こういうトリオもなかなかいい。1曲目はマイケル・ブレッカーに、7曲目はカート・ローゼンウィンケルに捧げられた曲らしいです。複雑なことを簡単にやってのけてしまっている部分もあって、メルドーの普通のピアニストとは一線を画す両手の使い方も合わせて、聴いているとけっこうスゴいことになってます。ただ、オリジナル路線で、このトリオのアルバムはもう究極の位置では、とも思わせるような内容。彼のファンにはうれしいけれども、なかなかトリオのアルバムが出てこなかったのはある意味産みの苦しみを経て、か。8曲目は超アップテンポの4ビートで文句なしに楽しい。他でも11曲目のように比較的シンプルな曲もあります。

« Dirty & Beautiful Volume 2/Gary Husband | トップページ | ウィルコムプラザの対応のまずさ »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
全曲オリジナルなのは、元々そういうのが好きなので気にならなかったのですが、演奏に関しては以前のような緊張感があまり感じられなくて、そろそろこのトリオも限界かなと思ってしまいました。
それでも2011年4月録音の3曲の方はいい感じて楽しめたので、できればそちらの演奏だけで統一して欲しかったです。

910様
こんばんは。自分が初めて打たれたのは彼のスローなスタンダードだったりしましたが、そのうち毒っけたっぷりのオリジナルにも魅せられてしまいました。そういう意味でも今回は大満足です。ではではトラバさせて頂きます。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

他のミュージシャンだと私もオリジナルが好きなんですが、メルドーだとちょっとそこに不安感を覚えます。’11年の曲が少なかったということは、そこで出来の良かった曲が少なかったんでは、なんて変な心配をするのもちょっとおかしいですが、思いましたです。

>ki-maさん

TBどうもありがとうございます。

今回は、絶賛している人と、そうでもない人と、聴いている人によって分かれた感じがしています。私的には評価はけっこう高いんだけれど、心配な点がいくつかあるということで、メルドーに他のミュージシャンよりは高度なことを求めているのかもしれない、と思います。

910さん、TBありがとうございました。古い録音でもこれまでのスタジオ録音と比べふっきれて、メルドー個人のインプロに集中するところが良いし、新しい3曲がそれを深めたようで特に好きです。
TBさせていただきます。

>monakaさん

TBどうもありがとうございます。

そうなんですよね。オリジナルが良いって言う人も多いのですが、個人的には普段オリジナル好きでも、メルドーには既成曲が似合うような感じを持っていて、それがちょっと聴くのに足を引っ張ったのかもしれません。まあ、このあたり人それぞれかもしれないのですが。

工藤さん,こんばんは。TBありがとうございました。

私はオリジナルであろうが,スタンダードであろうが気にしない人間ですが,この作品に対する皆さんの評価が二分しているところは面白いと思います。Mehldauに対する皆さんの期待値が高過ぎるのかもしれませんが,Keithにさえ凡作はありますしねぇ...。まぁ,こればかりは人それぞれでしょうね。

ちなみに私には全く問題なしでした。ということでこちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

そうなんですよね、評価が分かれているのは面白い現象です。ただ、オリジナル曲のみだし、シンプルなサウンドの部分は少ないので、売れ行きはけっこう行きそうながら、少しは聴く人を選ぶアルバムなのかな、と思います。個人的にはだいぶ好きな方ではあるんですが...。

おはようございます。
トラバありがとうございます。
何故か、ピアノトリオの話題作が続いてて、、
しかも、こんなへそ曲がりな私でも聴いてみたいと思うピアノトリオばかりでして。
この作品もいいと思いました。
この作品の賛否両論は、この作品のできももちろんですが、、
メルドーの存在そのものへの期待感によるところが大きいと思います。

万が一ですよ、こんなトリオが地元でライブしてたら腰抜かしますよ。(笑)
って、失礼な言い方ですね。
好き嫌いは置いておいて、ピアノをこんな風に弾けるのは凄いと思うもん。それって、私が単純だからですか??
でも、彼らには常に時代の先を行くことを期待してる人もいるだろうし、それだけでなくても「もっと」を期待されるわけですよね。

私と言えば、かなり微妙な立場つうかいい加減で、彼の突き進んだ先のダークで深い闇をさらけ出した部分をもっと覗いてみたいこわいもの見たさもありますが、、
ちょっと、こわすぎる気もしてて、、なんだか自分でもわかんないです。(笑)

いろいろ書きましたが、、まぁいえることは、中途半端な人間だからかもしれませんが、凄いなぁ、と思いながら聴きました。はい。

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

私は星4つは行きます、という前置き付きで、あれこれと注文付けているので、いいんだけどやっぱりメルドーに対しての欲求水準が高いのかな、と思います。

たぶん、ブラインドで聴けば(って分かっちゃうかもしれませんけど)、なんじゃこりゃあ、最高だあ、という風になっていた可能性はあります(笑)。

こんにちは。こちらからもTB送らせていただきます。

>ブラインドで聴けば(って分かっちゃうかもしれませんけど)、

本作は、一発で「あ、これメルドー」って分かると思いますよ(笑)。いかにもメルドーっぽい(過去に使った)フレーズがそこかしこに出てきますから。私はむしろオリジナルが聴きたい派ですが、本作は3人個々の演奏も食い足りなかったですし、楽曲的にもそうでした。なお音楽は人それぞれどこに価値を置くかが違いますし、好みも当然違いますから、意見も分かれて当然だと思いますね。

>Grass_hopperさん

TBどうもありがとうございます。

確かにブラインドやっても分かっちゃいますね(笑)。でもこれだけ意見が分かれているアルバムも、こういうミュージシャンでは久しぶりのような気がしてます。というよりふだんは、知っている方1-3人程度が同じアルバムを聴いていることが多いので、大勢が聴いていると、色々な意見が出るということなんでしょうけれども。そういう意味でも話題作なんでしょうね。

こんばんは。
わたしは ブラッド・メルド-・トリオ 初聴きでした。
オリジナルは好きなので わたしは このアルバム 好きです。
タイトル『ODE』ということで曲が構成されていたのがおもしろいなぁと思いました。

澤野のヨ-ロピアン・ピアノ・トリオと比べたら わたしのようなJazz初心者は ちょっと大人な感じもしました。

でも こうして みなさんの中に最近 生意気にも入り込んで(笑) 同じアルバムについて コメントできるようになってきましたよ♪

>マ-リンさん

だいたいの澤野工房のアルバムは聴きやすいので、それと比べるとメルドーのピアノ・トリオはちょっと思索的というか、もう少し高度な表現を使っているというか。

でもこういうアルバムが好きになると、どんどんハマっていってしまいますよね。好きでも嫌いでも、コメントいただけるとうれしいです。

こんばんは。

コメントを読んでいたら、このアルバムって賛否あるんですね。
私は”賛”です。
もうメルドーとしか言いようがないピアノ弾いてますし、曲もいいと思うんですよ。
少し丸くなった感じが私には熟成と受け取れたので良いということになります。
メルドーもそろそろこういう味を出せる年になったということなのかなと思っています。
トラバさせていただきます。

>いっきさん

TBどうもありがとうございます。

私も聴いたら星4つは行く「賛」派なのですが、これ以上のものを期待してしまっていた、っていう感じです。

確かに年齢を経て出てくるものもありますね。今度は新しい録音ばかりで聴いてみたいなあ、というのはあります。

実にBrad Mehldauらしい演奏で期待を裏切らない作品と感じています。
なので、私も"賛"のほうになると思います。

が、これだけ寝かせていたこと、新録音を3曲入れているところには"産みの苦しみを経て"いる可能性は考えられますね。
2011年録音の残りがあると思うので、それも聴いてみたいところです。

TBありがとうございます、逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

ゴールデンウィークにもう一度聴き直してみたのですが、もっと、という欲求は薄れてきて、素直に堪能できるようになってきました。おっしゃるとおり、新録音をぜひ出してほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/54388613

この記事へのトラックバック一覧です: Ode/Brad Mehldau Trio:

» Brad Mehldau Trio / Ode [Jazz&Drummer]
Brad Mehldau(P) Larry Grenadier(B) Jeff Ballard(Ds) Rec. November 17, 2008(Track 1,2,4,5,6,7,9,11), April 19, 2011(Track 3,8,10) (Noneshch 529689) 「Brad Mehldau/Highway Rider(10年)... [続きを読む]

» Brad Mehldau Trio / Ode [音楽という食物]
Mehldauのスタジオ盤が好きです。 そしてオリジナルもまた大好きです。 更に当然トリオとなれば最高です。 それを踏まえた上で「M.B.」とやらからスタートです。 どうなんでしょう、この異常なまでのかっこ良さは。 アウトですよ、これは(←意味不明)。 視界180...... [続きを読む]

» 絶対インプロヴィゼーション主義   ODE / BRAD MEHLDAU [JAZZ最中]
ちょっとハードな仕事をして帰ってきてblogをみたら、ブラッド・メルドーの新しいアルバムが届くと喜んでいる人がいる。そんなことは知らなかったので、アンりゃと思っていたら、翌日の昼休み近場のショップで1,480円でならんでいたのは、疲れた心身へのご褒美になりま...... [続きを読む]

» Brad Mehldau Trio待望の新譜 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Ode Brad Mehldau Trio(Nonesuch) Brad Mehldauがトリオとしてのアルバムを最後にリリースしたのは2008年のVanguardでのライブのことである。スタジオ盤と [続きを読む]

» Ode / Brad Mehldau Trio [My Secret Room]
春というのに、いつまでも寒い。。 春が来ないことはないのだけど、、ちょっと、気持 [続きを読む]

» Brad Mehldau Trio / Ode [ジャズに焦がれて気もそぞろ]
Brad Mehldau (p) Larry Grenadier (b) Jeff Ballard (ds) Rec. November 17, 2008 & April 19, 2011, at Avatar Studios, NY Engineer: James Farber (Nonesuch 7559-79628-4) ブラッド・メ... [続きを読む]

» メルドー・トリオってやっぱりいいな~。 [「いっき」のJAZZあれこれ日記(ブログ)]
これまた少々遅れた新譜紹介。昨日と同じピアノ・トリオですがこちらはかなり気に入っ [続きを読む]

» Brad Mehldau Ode [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Brad Mehldauのトリオの新作です。 The Art of Trio のメンツからdrummerがJeff Ballardに変わってから3作目のアルバムとなります。 初作が2005年の   day is done (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/12660457.html) 次が   Live (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/52936081.html) となり、それから4年ぶりの新譜となります。 ..... [続きを読む]

« Dirty & Beautiful Volume 2/Gary Husband | トップページ | ウィルコムプラザの対応のまずさ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト