私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Ad Lucem/Anders Jormin | トップページ | Live At The North Sea Jazz Festival/Al Di Meola »

2012/03/22

Trio Libeto/Andy Sheppard/Michel Benita/Sebastian Rochford

2252
ECMレーベル新譜聴き2日目で一段落。あとは下旬から来月初旬にかけて届く予定のECM(New Seriesを含む)が5枚あるので、また届いたら、ということになります。今年に入ってから、けっこうハイペースで出していますね。今日のアルバム、ECMらしいサックス・トリオで、多少緊張感のあるインプロヴィゼーションは入るものの、割とゆったりとしていて、メロディもはっきりしているし、大らかな感じの演奏です。ジャズを期待して聴くとするとちょっと物足りなくなるかな、という気もしていますが、ECMと分かって聴いている分には、これを手に取るにあたって、暗黙の了解的なものはあるんじゃないかな、と思います。


Trio Libeto/Andy Sheppard(Ts, Ss)/Michel Benita(B)/Sebastian Rochford(Ds)(ECM 2252)(輸入盤) - Recorded July, 2011. - 1. Libertino 2. Slip Duty 3. I'm Always Chasing Rainbows 4. Spacewalk, Part 1 5. Dia Da Liberdade 6. Land Of Nod 7. The Unconditional Secret 8. Ishidatami 9. Skin/Kaa 10. Spacewalk, Part 2 11. Whereveryougoigotoo 12. Lots Of Stairs 13. When We Live On The Stars...

(12/03/21)3人でのフリー・インプロヴィゼーションが7曲(2、4、7、9-11、13曲目)あります。Andy Sheppard作が1、5-6曲目で、ゆったりメロディアスな曲が多め。他のメンバーの作曲が8、12曲目、スタンダードが3曲目。フリー・インプロヴィゼーションとは言いつつも、構成が決められていたのか、その場で合わせたのか、構築されていた感じが強い気がします。割とメロディアスな曲が多い印象で、ジャズ的な部分がインプロヴィゼーションに目立っても、それは4ビートではないので、ヨーロッパ的なジャズという感じ。サックス・トリオなのでスペースが大きく取られていて、特に4、10曲目あたり空間的表現を感じますが、レーベルならではの残響音とうまくマッチして、スカスカな感じはなくて、ECM的な音世界を繰り広げています。

« Ad Lucem/Anders Jormin | トップページ | Live At The North Sea Jazz Festival/Al Di Meola »

ECM2251-2300番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/54282711

この記事へのトラックバック一覧です: Trio Libeto/Andy Sheppard/Michel Benita/Sebastian Rochford:

« Ad Lucem/Anders Jormin | トップページ | Live At The North Sea Jazz Festival/Al Di Meola »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト