私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« auの簡単ケータイK010その他のこと | トップページ | Amazonの分割出荷基準の変更? »

2012/03/12

Inner Blaze/ニコレッタ・セーケ

Nikolettainner
考えてみれば、もう半月ほどジャズを聴いてなかったような気がします。慌ただしい時期、それが終わってもちょっとお休みしてました。まあ、気長にブログを続けるには、無理して更新しない、ということも重要です。

澤野工房を全部買いしなくなってもうすぐ2年になろうとしてますが、時々魅力的なCDに出会います。このニコレッタ・セーケもそのひとり。私はヴォーカルものはあまり買ってないんですけど、このちょっとエキゾチックなハンガリー出身の歌手には私にとっては魅力的なものがあります。澤野でもヴォーカルアルバムを立て続けに出すのは珍しいので、やはりこの歌手、何か持っているんじゃないかと思うのですが...。


Inner Blaze/ニコレッタ・セーケ(Vo)(澤野工房)
Inner Blaze/Nikoletta Szoke(Vo)(Atelier Sawano AS119) - Recorded November 24-26, 2011. Robert Lakatos(P), Jozsef Horvath Barcza(B), Andras Mohay(Ds), Marton Fenyvesi(G on 1-2, 10), Gabor Bolla(Sax on 3, 6-7) - 1. Antonio's Song 2. Fields Of Gold 3. Contemption 4. Inner Blaze 5. Visions 6. One Day I'll Fly Away 7. Before Dawn 8. You're Everything 9. Like Someone In Love 10. Charade 11. Everyday 12. Morning To Remember

ニコレッタ・セーケが共作で作詞を担当している曲が3-4、11-12曲目の4曲で、他にマイケル・フランクス(1曲目)、スティング(2曲目)、スティーヴィー・ワンダー(5曲目)、ジョー・サンプル(6曲目)、トム・ハレル(7曲目)、チック・コリア(8曲目)、スタンダード(9曲目)、ヘンリー・マンシーニ(10曲目)とカラフルな作曲者の曲を採用。それでいてジャズの外の音楽もジャズに感じさせる雰囲気があります。1曲目の「アントニオの歌」は有名ですが、コードのリハーモナイズがけっこうしてあって、マイルドな雰囲気。オリジナルも、他の作曲者の曲とうまく混じり合うような曲調ですが、11曲目は最近流行りのカントリーバラード系。だいたいの曲では、ハンガリーの風土がにじみこんでいる哀愁のあるサウンドが印象的。時に浮遊感もあり。(12年2月28日発売)

« auの簡単ケータイK010その他のこと | トップページ | Amazonの分割出荷基準の変更? »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
澤野はピアノ・トリオというイメ-ジが強いのですが このニコレッタ・セ-ケは とても美しい人なのでヴォ-カル盤って すぐ覚えました(笑)

まだ聴いたことがありませんが いつか聴いてみようと思います。

>マ-リンさん

澤野のヴォーカル盤って、珍しいですよねえ。それが何枚も出ているんでけっこう人気があるのでしょう。ちょっと東欧サウンドも混ざったような、エキゾチックなところが好きです。

このアルバムはポップスなども題材にされているので、けっこう聴きやすいんではないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/54203530

この記事へのトラックバック一覧です: Inner Blaze/ニコレッタ・セーケ:

« auの簡単ケータイK010その他のこと | トップページ | Amazonの分割出荷基準の変更? »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト