私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Today Is Tomorrow/Dayna Stephens | トップページ | Trio Libeto/Andy Sheppard/Michel Benita/Sebastian Rochford »

2012/03/21

Ad Lucem/Anders Jormin

2232
ECMレーベル新譜が2枚届いていたのですが、2週間近くそのままになっていました。とりあえず先にECMを聴いてしまいたいと思います。このアルバム、最初は女声2声の北欧のフォーク的なサウンドかと思いましたけど、どころどころヨーロッパ的なサックス・トリオのジャズのサウンドも詰まっていて、最初にコメントを書きかけたところに、どんどんイメージが違って来て、聴き終わる頃はかなり書き直しになっていました。でも2人のヴォイス(ヴォーカル)のイメージが先行しているのは確かですね。4ビートではなくてもジャズ的な要素が強い場面が目立つのですけど...。


Ad Lucem/Anders Jormin(B)(ECM 2232)(輸入盤) - Recorded January 2011. Mariam Wallentin(Voice), Erika Angell(Voice), Fredrik Ljungkvist(Cl, Bcl, Ts), Jon Falt(Ds) - 1. Hic Et Nunc 2. Quibus 3. Clamor 4. Vigor 5. Inter Semper Et Numquam 6. Lignum 7. Matutinum 8. Vox Animae 9. Vesper Est 10. Lux 11. Caeruleus 12. Matutinum - Clausula

(12/03/20)4曲目が5人のフリー・インプロヴィゼーション、6曲目がJon Faltの作曲で、他はAnders Jorminの作詞(5曲目以外)・作曲。ヴォイスの2人が北欧の民族音楽(フォークソング)のような響きをもってせまります。全曲で歌っているわけではありませんが。バックも通常のジャズのサックス(クラリネット)・トリオとは一線を画した、北欧の音楽というような温度感低く、しかもじっくりと近づいてくる場面と、(特に4、11曲目は)フリーに近いようなジャズの、北欧的なサックス・トリオのところと分かれています。管の時おり緊張感のあるソロもあって、ベースが前面に出てくるところもあったり。精神的にジャズも強いけど、そうでもなし、といった感じが部分部分に。薄暮の中を透明感のある女声2声が整然としたコーラスでさまよいます。

« Today Is Tomorrow/Dayna Stephens | トップページ | Trio Libeto/Andy Sheppard/Michel Benita/Sebastian Rochford »

ECM2201-2250番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/54274795

この記事へのトラックバック一覧です: Ad Lucem/Anders Jormin:

« Today Is Tomorrow/Dayna Stephens | トップページ | Trio Libeto/Andy Sheppard/Michel Benita/Sebastian Rochford »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト