私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Smul's Paradise/Gary Smulyan | トップページ | Atelier Zフレットレス中古を買いました »

2012/02/27

New True Illusion/Joanne Brackeen/Clint Houston

Joannenewtrue
通販のサイトでは’91年発売となっていたので、手持ちにもなかったのでちょっと気になり注文してみました。ただ、届いたCDを見たら、その当時、LP時代(’76年録音)のものの再発だったんですね。でもジョアン・ブラッキーンはこの頃からけっこう硬派で、最近は繊細な男性ピアニストは多いのですが、ブラッキーンのように男性的で豪快な女性ピアニストは少ないので、やはり個性的だし、注目してしまいますね。もともとはボブ・ジェームスのライヴにリチャード・ティーと3人のピアニストで参加していたことから、それをきっかけに彼女のアルバムを聴きはじめたんですけれども。しかし、豪快です。


New True Illusion/Joanne Brackeen(P)/Clint Houston(B)(Timeless)(輸入盤) - Recorded July 15, 1976. - 1. Steps - What Was 2. Search For Peace 3. New True Illusion 4. My Romance 5. Freedent 6. Solar

(12/02/26)ジョアン・ブラッキーン作は3、5曲目。他はチック・コリア作(1曲目)、マッコイ・タイナー作(2曲目)、スタンダード(4曲目)、マイルス・デイヴィス作(6曲目)と硬派な曲が多い。1曲目の冒頭から、ブラインドだと男性のピアノかと思うほどに豪快なタッチ。ドラムレスのデュオだけども押し出しが強いです。ゴンゴンいう左手と、右手から繰り出される16分音符で、女性版マッコイ・タイナーと言えばいいのか。ただ、2曲目のマッコイの曲はソロ・ピアノでのバラード。相変わらず複雑な構成だけど聴かせてしまう、ある意味外向的なサウンドの3曲目、意表をついてラテン、アップテンポの4ビートで交互にせまる4曲目、2分弱のガンガンくるデュオのフリーでの小品の5曲目、速いパッセージとアップテンポの4ビートでせまる6曲目。

« Smul's Paradise/Gary Smulyan | トップページ | Atelier Zフレットレス中古を買いました »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/54080074

この記事へのトラックバック一覧です: New True Illusion/Joanne Brackeen/Clint Houston:

« Smul's Paradise/Gary Smulyan | トップページ | Atelier Zフレットレス中古を買いました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト