私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Free Ibiza/Joachim Kuhn | トップページ | ジャスト・フレンズ/ボブ・ジェームス&ハワード・ポール »

2012/01/26

Sound Travels/Jack DeJohnette

Jacksound
ジャック・ディジョネットの新譜です。彼のアルバムはどういう傾向なのか、かなりいろいろで聴いてみないと分からないところがあるんだけど、今回も多重録音で彼のドラムスとピアノがかぶせてあって、ジャズというよりはラテンやワールドの色彩が強いので、ちょっと意外だったかな、という感じです。ただ、彼がアルバムでピアノを弾くのもはじめてではないですし、その点ではいいんだけど、予想とちょっと違ったかな、という感じもあります。どちらかというと、ある程度マニアックではありながら、ジャズファンよりはもっと広い層にウケそうなアルバムではありますね。参加メンバーからすると、ってのは、ちょっと引っ掛かりがあるかもしれませんが。


Sound Travels/Jack DeJohnette(Ds, P, Vo, Bells)(E One music)(輸入盤) - Released 2012. Esperanza Spalding(Vo, B on 2-6, 8), Lionel Loueke(G on 2-3, 6), Ambrose Akinmusire(Tp on 2, 4-5), Luisoto Quintero(Per, Vo on 2-3, 5-8), Bruce Hornsby(Vo on 3), Tim Ries(Ss, Ts on 3-5, 8), Bobby McFerrin(Vo, Per on 7), Jason Moran(P on 8) - 1. Enter Here 2. Salsa For Luisito 3. Dirty Ground 4. New Muse 5. Sonny Light 6. Sound Travels 7. Oneness 8. Indigo Dreamscapes 9. Home

(12/01/25)3曲目が共作の他は、全曲ジャック・ディジョネットの作曲。ここでは、彼の多重録音でドラムスとピアノで演奏に参加しているパターンが多いです。やはり「音の旅行」的なラテン、ワールド色のある曲集か。ほぼピアノだけでゆっくりとはじまる小品の1曲目、ヴォーカル入りの哀愁ラテン・ナンバーでけっこうメロディアスな2曲目、Bruce Hornsbyとの共作でややラフなポップスという感じの3曲目、少しエキゾチックなメロディで進行する8分の6拍子の4曲目、明るい素朴方面のラテンミュージック的な5曲目、やはりラテンでギターその他パーカッシヴな小品の6曲目、ヴォーカルが器楽的な味わいのあるバラードの7曲目、4ビートではないけど、この中では今のジャズに近いサウンドの8曲目、ソロ・ピアノで淡々と幕を閉じる9曲目。

« Free Ibiza/Joachim Kuhn | トップページ | ジャスト・フレンズ/ボブ・ジェームス&ハワード・ポール »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
前作の「Jack DeJohnette/Music We Are」は最高にカッコよかったのに、本作はドラムスにしてもピアノにしてもリズムが死んでいて、なんだかなあって感じだったです。
その原因はオーバーダブしていることにもよるのですが、特にピアノの方は年齢的な衰えも感じられました。
やっている音楽自体は決して悪くはなかったのですが、メンバーによってはその音楽に対する戸惑いもあったように思います。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

ピアノを演奏したい気持ちも分かるんですが、誰か専門の人にまかせてもよかったかもですね。参加しているメンバーはけっこういい人選なので、ちょっともったいなかったかな、という気もしています。

こんばんは。

これ、ちょっと肩透かしを食らった感はありますが、ディジョネットがさりげなくガイドしてくれる「音楽旅行」として楽しめばいいんじゃないかと思いました。
アキンムシーレのトランペット、リースのサックス、ルエケのギターはしっかりしたプレーをしていますし、マクファーリンとのトリオもいい雰囲気を出していると思います。
こんなディジョネットもありだと思いました。
トラバさせていただきます。

>いっきさん

TBどうもありがとうございます。

彼はシンセサイザー中心だったり、本格的なジャズだったり、ECMだったり、いろいろなサウンドをアルバムごとに繰り出すので、次は何が出てくるか、というのも楽しみのひとつです。

いっきさんのおっしゃることで、ありかなしかというと、やはりこれもアリだな、とは思います。確かに「サウンドの旅行」ではありますね。

いっきさんが書いている
> ディジョネットがさりげなくガイドしてくれる「音楽旅行」として
というのが、この盤の正しい扱い方なんだと思います。
端整にまとまってて悪いわけではないのですが、ちょっと肩透かし感があるのも、また事実って感じではあります。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

そうそう、いっきさんの書いたレビューの内容、私も心に残ってました。期待するところと実際出た音との違いで、聴いた時点ではちょっと戸惑いもありましたが、今は割といい感触を持っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/53830110

この記事へのトラックバック一覧です: Sound Travels/Jack DeJohnette:

» Jack DeJohnette / Sound Travels [Jazz&Drummer]
Jack DeJohnette(Ds, P, Resonating Bells) Esperanza Spalding(Ac-B, El-B, Vo) Lionel Loueke(G) Ambrose Akinmusire(Tp) Tim Rise(Ss, Ts) Luisito Quintero(Per, Vo) Bruce Hornsby(Vo)3 Bobby... [続きを読む]

» ジャック・ディジョネットの穏やかなアルバム [「いっき」のJAZZあれこれ日記(ブログ)]
かなり久しぶりの新譜紹介です。 ジャック・ディジョネットの『サウンド・トラヴェル [続きを読む]

» Jack Dejohnette Sound Travels [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Jack Dejohnetteのリーダー作は、おそらく2009年のこれ(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/58287241.html)以来になるんだと思います。 が、調べてみると、 Live at YOSHI S 2010 (http://www.jackdejohnette.com/music/live-at-yoshis-2010)というのがダウンロードだけでリリースされているんですね。 そういえば、どっかで見た記憶はありますがダウンロード音源はまだ積極..... [続きを読む]

« Free Ibiza/Joachim Kuhn | トップページ | ジャスト・フレンズ/ボブ・ジェームス&ハワード・ポール »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト