私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ジンボ・デ・カヴァー/神保彰 | トップページ | Come Sunday/Charlie Haden/Hank Jones »

2012/01/23

スマイル・スマイル/神保彰

Jimbosmile
11日に2枚発売されたうちの1枚。こちらはいつもの神保のグループで、メンバーも2曲参加のカール・ヴァーヘイエン(G)以外はここ数作固定しているし、安心して聴ける1枚になっています。やっぱりメロディを聴くと日本のフュージョンだな、と思うし、そこが安心できるところでもあります。そのくせ、トータルサウンド重視なようにみせかけて、演奏が隠し味的にけっこうバカテクなところはありますし。なかなか聴いていて面白い。まあ、変わらないところがいいところでもあるし、元カシオペアで、彼ほどコンスタントにアルバムを発表している人はいないんじゃないかな。また出たか、で、つい買っちゃうところはありますね。


スマイル・スマイル/神保彰(Ds)(Electric Bird)
Smile Smile/Akira Jimbo(Ds)(Electric Bird) - Released 2012. Abraham Laboriel(B, Vo), Otmaro Ruiz(P, Key, Vo, Additional G on 6), Allen Hinds(G, Vo), Carl Verheyen(G on 2, 4, Vo on 2) - 1. Smile Smile 2. South Of The Border 3. Cheer Up! 4. Tokyo Cool 5. Muse 6. Shade Of The Summer 7. Tomodachi 8. It's My Time 9. Sake Of Love

全曲神保彰の作曲。珍しく、1曲目の冒頭、コーラスのみのフレーズが出てきて、その後はコーラスも交えつつメロディアスなフュージョン・サウンドになって、テクも見せつつ、やはりトータルサウンド重視の曲。珍しくブルースで、同時録音ではないそうですが、2人のギターのバトルを聴くことができる2曲目、セカンドラインのリズムで明るい、これまたメロディアスにせまる3曲目、ハードコア・フュージョン的展開のアップテンポでスリリングな4曲目、ちょっとゆったりしつつ美しいメロディで盛り上がっていく5曲目、哀愁があってリズミカルでもあるサンバの6曲目、マイナー基調でコーラスも聴けるややアップテンポの元気な7曲目、ややシンプルだけどノリの良さもあり、心地良い8曲目、歌謡曲的なメロディとフュージョンがマッチする9曲目。(12年1月11日発売)

« ジンボ・デ・カヴァー/神保彰 | トップページ | Come Sunday/Charlie Haden/Hank Jones »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今年も読ませていただいています。

こちらのアルバムは 2枚組というわけでなく 2枚同時リリ-スということですよね。
1枚3000円ですよね(笑)
カシオペア 懐かしい。
『スマイル スマイル』聴いてみたいです。

>マ-リンさん

2枚で6千円だし、どちらも収録時間は40分台だし、ということで、買おうかどうかけっこう迷ったのですが、HMVのポイント15倍セールの時の活用をして、思い切って買ってしまいました(笑)。

曲は相変わらず、という感じがしないでもないですが、つい、追いかけてしまうんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/53796394

この記事へのトラックバック一覧です: スマイル・スマイル/神保彰:

« ジンボ・デ・カヴァー/神保彰 | トップページ | Come Sunday/Charlie Haden/Hank Jones »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト