私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« My Romance/Lew Soloff | トップページ | With A Song In My Heart/Lew Soloff »

2012/01/06

Little Wing/Lew Soloff

Lewlittle
過去盤聴き22日目でルー・ソロフ5日目。やっぱりいつもはジャズのスタンダードでおなじみなので、自己のリーダー作では違ったことをやってほしいと思うのですが、彼もマンディ・ナイト・オーケストラ関連でのミュージシャンの起用がこれで3作目になります。まあ、これはこれで面白いアルバムになっているのでいいと思います。ここでは特に、トロンボーンのレイ・アンダーソンが演奏にも作曲にも特異な個性をだしていて、目立っていて楽しいですね。この後「Rainbow Mountain」(’99年)でもフュージョン的アプローチを見せますが、多く(といってもそんなに枚数はないですが)はジャズの方に回帰していきます。


Little Wing/Lew Soloff(Tp)(Sweet Basil) - Recorded June 17-19, 1991. Ray Anderson(Tb), Gil Goldstein(P, Synth, Accor), Pete Levin(Prg, Synth), Mark Egan(B), Kenwood Dennard(Ds), Manolo Badrena(Per) - 1. La Toalla 2. True Confessions 3. Alligatory Crocodile 4. Healing Power 5. Para Los Papines 6. Coral Canyon 7. Tapajack 8. Little Wing

ルー・ソロフの作曲はないですが、メンバーの曲が4曲もあります。故ギル・エヴァンスのマンディ・ナイト・オーケストラのメンバーが多く、そのコンボ風サウンド。サウンドはフュージョンの方に振れていて、ノリが良いです。16ビートのリズムのキメもあるカッコ良いファンクの再演曲の1曲目、テーマは渋めで、シャッフルでのブルース進行的なゴキゲンな2曲目、レイ・アンダーソン作のハチャハチャサウンドでも楽しい3曲目、カーラ・ブレイ作のどっしりしたミディアム・ファンクの4曲目、ノリノリのラテンで哀愁のあるメロディの5曲目、ちょっと浮遊感のある今っぽいフュージョンの6曲目、ユーモラスな4ビートジャズ的感覚の部分も持つフュージョンの7曲目、最初のバラードからどんどん盛り上がるジミ・ヘンドリックス作のタイトル曲の8曲目。

« My Romance/Lew Soloff | トップページ | With A Song In My Heart/Lew Soloff »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/53614884

この記事へのトラックバック一覧です: Little Wing/Lew Soloff:

« My Romance/Lew Soloff | トップページ | With A Song In My Heart/Lew Soloff »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト