私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Number Two Express/Christian McBride | トップページ | ジンボ・デ・カヴァー/神保彰 »

2012/01/21

「かんちがい音楽評論[JAZZ編]/中山康樹著」(彩流社)

Nakayamakan
本当は今日から新譜聴きの予定だったのだけど、ちょっと変更します。

19日に、Amazonよりゆうメールで単行本が1冊届きました。お昼ちょっと前だったので、そのままお昼休みぶっ通しで、2時間半ほどかけて読了。

「かんちがい音楽評論[JAZZ編]/中山康樹著」(彩流社)1,680円

ネットで検索をかけると、けっこうキャッチーで問題作的な見出しが並んではいるけれども、何人かのミュージシャンが具体的に俎上にあげられていて、その人たちにはたまったものではないかもしれないけど、基本的にはジャズ評論家とその周辺について書かれています。ジャズ評論家に対しての私たちが考えている問題点、不安点を浮き彫りにしたというか。

内容的には、まあ、正論だと思います。中山さんのレトリックにハマったのかもしれないという一抹の不安もありますが。最初は1時間でやめるつもりでしたが、結局一気に読んでしまいました。ただ、その内容的には正論なだけに、大部分は、想定の範囲内だったというか、自分の思っていたことと内容がカブっていたことが多かったです。それでも、色々な批判の中で評論家批判(同業者批判)は、私たちでは絶対できない分野で、よくぞ書いてくれた、と喝采してもいいのでは。ただ、批判されている評論家で具体的に俎上に上がった人は、現役の人ではいなかったと思います。

私たちネットでブログやホームページをやる人に関しての言及もありますが、それはごく一部で、気にするほどのことはほとんどなかったです。逆に、インターネット時代になって、それぞれの評論家(一部の方々はジャズ・ライターって言った方が今では合ってますね。)の実力が裸にされてはっきり見えるような時代、それをあえて活字にしてくれて、いいんじゃないですかね。自分も、半年ほど前よりジャズ雑誌は何も買わなくなりましたし、ジャズ単行本も厳選するようになりました。

ただ、読み手がジャズにある程度ハマっていないと、本の内容に乗りきれない部分はあるかもしれません。個人的にはミュージシャンに対する批判の部分は、正しいのか正しくないのかは、あまりよく分かりませんでしたが、内容としては面白く読めました。具体的に名前が上がったミュージシャンのファンの方の意見も聞いてみたいですね。

(23日追記)まわりを見渡してみると、それぞれの読む人によって、良かったり最低だったり、評価が著しく分かれる本ですね。特に低評価が目立ちます。まあ、そういう本だと思います。

« Number Two Express/Christian McBride | トップページ | ジンボ・デ・カヴァー/神保彰 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

工藤さん,続けてこんばんは。この本に書かれていることは理屈ではそうかもしれませんが,理屈だけで世の中渡れませんわと言いたくなるような,中山康樹の「意図的な」トーンが感じられて,私にとってはあまり読んでいて気持ちのいいものではありませんでした。

もちろん,彼の言っていることには正しいこともあるでしょうが,亡くなった中村とうようまで引き合いに出すのは反則でしょう。SJの編集長時代に中村とうように喧嘩を吹っ掛けてたのは中山康樹だと思いますが,根に持ってるのかと邪推したくなりました。

ということで,評価は著しくわかれるということではありますが,TBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

私のみたのは、雑誌などは既に評論ではなくなって、宣伝媒体になっていること、そして、あることにより言いたいことも言えなくなってしまった既成事実(謎)が一部にでき上がったことなどが、逆にこういうものが出てきてくれて、っていうところは大きいのかな、と思います。

もちろん私はツイッターやブログ世代なので、ちょっと書いてあることは違うだろう、と思うところもあります。彼の土俵に乗っかってしまったところも、もちろんあると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/53781749

この記事へのトラックバック一覧です: 「かんちがい音楽評論[JAZZ編]/中山康樹著」(彩流社):

» 勘違いする人 [kenyama's blog]
 音楽評論は、難しいと思う。かんちがいすることもある。それは、「音を文字で説明す... [続きを読む]

» 中山康樹の新刊:なんだかなぁ... [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
「かんちがい音楽評論(JAZZ編)」 中山康樹(彩流社) 私は中山康樹については,アンビバレントな感覚を持っている。「マイルスを聴け!」シリーズには世話になっているが,「ジャズ構造改革」には首肯できて... [続きを読む]

« Number Two Express/Christian McBride | トップページ | ジンボ・デ・カヴァー/神保彰 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト