私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Yesterdays/Lew Soloff | トップページ | My Romance/Lew Soloff »

2012/01/04

But Beautiful/Lew Soloff

Lewbutbeau
過去盤聴き20日目でルー・ソロフ聴き3日目。この頃は日本の景気も良かったので、さすがにいいメンバーを揃えていますね。もうケニー・カークランドもエルヴィン・ジョーンズも生で聴くことはできないんだなあと思うと、聴き返してみてある種の感慨があります。これも今では入手が難しいようです。ソロフのトランペットは、スタジオ・ミュージシャンとして叩き上げた職人芸のような感じで、それがけっこうスマートに響くので、やはり好みの濃淡は出てくるのかな、とも思いますが、逆に言うと、ここまで吹きこなせる人は、そうはいないだろうと思い、彼の演奏は、マンハッタン・ジャズ・クインテットなどで追いかけてきました。


But Beautiful/Lew Soloff(Tp)(Paddle Wheel) - Recorded June 29 and 30, 1987. Kenny Kirkland(P), Richard Davis(B), Elvin Jones(Ds) - 1. Mariryn 2. Duty Blues (Blues For Kawa) 3. Speak Low 4. Raunchy Rita 5. Reincarnation Of A Love Bird 6. But Beautiful 7. Stella By Starlight

ルー・ソロフの作曲は2曲(1-2曲目)。トランペッターとして、けっこう素晴らしい演奏です。人選が渋くて、しかもいいミュージシャンばかりのアルバム。やや重量系のメンバーですが、オーソドックスな4ビートジャズで勝負しています。明るいワルツ(8分の6拍子)の進行でほのぼの、あるいは少し熱くさせてくれる1曲目、日本人プロデューサーに捧げられた、ちょっとヒネってブルースらしくない面もある渋い2曲目、出だしの個性的な前奏からアップテンポでメロディアスに奏で上げていく3曲目、ファンキーで哀愁もある8ビート進行の4曲目、チャールズ・ミンガス作を少しロマンチックに、つやのある演奏をしている5曲目、バラードから4ビートになり、しっかり歌いあげていく6曲目、ややアップテンポで、朗々と吹きまくっていく印象の7曲目。

« Yesterdays/Lew Soloff | トップページ | My Romance/Lew Soloff »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/53613134

この記事へのトラックバック一覧です: But Beautiful/Lew Soloff:

« Yesterdays/Lew Soloff | トップページ | My Romance/Lew Soloff »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト