私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Breath Of Brasil/Joanne Brackeen | トップページ | Chant/George Young »

2011/12/27

Where Legends Dwell/Joanne Brackeen

Joannewhere
過去盤聴き12日目。ジョアン・ブラッキーンでは2日目。ベースがエディ・ゴメスで、ドラムスがジャック・ディジョネットだし、曲も難しいのが多いので、この人のやること、それから実力のほどが分かるアルバム。最近はアルバムを出してないようですけど、20年くらい前はけっこう注目してました。曲の難易度が高いので、聴く人を選ぶアルバムだし、共演者も割と限られてくるということで、知る人ぞ知る、という存在なのかもしれませんが。たまたま私はボブ・ジェームスのライヴのアルバムでこの人を発見した、といういきさつはあります。当時からなかなか個性的なピアノを弾く人で、男性的な豪快な面を持っている人ではありました。


Where Legends Dwell/Joanne Brackeen(P)(Ken) - Recorded September 3 and 4, 1991. Eddie Gomez(B), Jack DeJohnette(Ds) - 1. Where Legends Dwell 2. Oahu Lizard 3. Picasso 4. Helen Song 5. Cosmic Ties Or Mud Pies 6. Doris And Anders 7. Edgar Irving Poe 8. For Stan 9. Can This McBee? 10. Asian Spell 11. Jump In Jack 12. How To Think Like A Millionaire

ジョアン・ブラッキーンの「スペシャル・アイデンティティ」のメンバーで再び、オリジナル曲集。荒々しさが少し影をひそめましたが、相変わらず難解なメロディとリズムという感じ。ジャック・ディジョネットも、こういう系統は得意ですね。時に変拍子もあって、微妙なところでバランスをとっている感覚。ちょっとエキゾチックなピアノではじまって浮遊感のあるワルツに展開していくタイトル曲の1曲目、5拍子系でテーマの構築が複雑な感じの2曲目。多くの曲が、これがジャズか、というくらい重量感のあるテーマでせまってきます。構成も複雑なものが多く、フリーの手前の逆にカチッとした構築で、独特の境地につなげていってます。それに追従するボトムの2人も、やはりたいしたものです。曲ごとにもいろいろだし、表現力がジャズを超えて多彩。

« Breath Of Brasil/Joanne Brackeen | トップページ | Chant/George Young »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/53559035

この記事へのトラックバック一覧です: Where Legends Dwell/Joanne Brackeen:

« Breath Of Brasil/Joanne Brackeen | トップページ | Chant/George Young »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト