私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« I Remember Bill/Don Sebesky | トップページ | Where Legends Dwell/Joanne Brackeen »

2011/12/26

Breath Of Brasil/Joanne Brackeen

Joannebreath
過去盤聴き11日目。今日からジョアン・ブラッキーンのアルバムが2日続きますが、彼女のピアノはけっこう男性的で好きです。ただ、ここ10年ぐらいはアルバムが出ていないんじゃないかな。非凡な才能の人なんですけれどもね。これもエディ・ゴメス関連で出てきた人、ドラムスとパーカッションはラテンの方からの人材なので、ここではアルバムのテーマでもあるラテンにどっぷりハマっている感じはありますが、ピアノの包容力というか、元気さの方があって、うまくパワーでまとめている感じがあります。こういう明るくて元気な曲をやらせても、彼女のピアノは輝いているのは、ファンにとってはうれしいことではあります。


Breath Of Brasil/Joanne Brackeen(P)(Concord) - Recorded April 18-19, 1991. Eddie Gomez(B), Duduka Da Fonseca(Ds), Waltinho Anastacio(Per) - 1. Madalena 2. Velas 3. Aguas De Marco 4. Guessing Game 5. Breath Of Brasil 6. Sue Encanto 7. Loro 8. So Many Stars 9. Anos Dourados 10. Brasileiro Escondido 11. Flora 12. Samba Do Soho

ゴキゲンなブラジル音楽のアルバム。こっち方面専門でアルバムを出したということは、ジョアン・ブラッキーンはスタン・ゲッツのバンドに在籍した事もある影響か。4-5、10曲目にはオリジナルもありますが、ある程度の男性的さを引きずりつつも、サンバ、ボサノバ系統で料理しています。イヴァン・リンス作(1-2曲目)、エグベルト・ジスモンチ作(7曲目)、アントニオ・カルロス・ジョビン作(3、9曲目)、ジルベルト・ジル作(11曲目)など、各方面のけっこう有名な曲が並んでいます。もちろんエディ・ゴメスのやはりゴキゲンなラテンのベース・ソロのある曲もあります。ブラッキーンの豪快さは相変わらずとしても、難しそうな曲はなく、ゴキゲン度が前面に出ているのが特徴です。もちろん、しっとり感のある曲はそのように表現してます。

« I Remember Bill/Don Sebesky | トップページ | Where Legends Dwell/Joanne Brackeen »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/53558425

この記事へのトラックバック一覧です: Breath Of Brasil/Joanne Brackeen:

« I Remember Bill/Don Sebesky | トップページ | Where Legends Dwell/Joanne Brackeen »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト