私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Boris Yoffe/Song Of Songs | トップページ | Rio/Keith Jarrett »

2011/11/09

Takemitsu/Hindemith/Janacek/Silvestrov/Five Pieces/Duo Gazzana

2238
ECM New Seriesの3日目にして、やっとこれでECMレーベルの手元の未聴盤はなくなりました。New Seriesで3枚あって、全部現代音楽というのも珍しかったですね。今日紹介するアルバム、今現在は公式ホームページのトップにジャケット写真が出ているので、けっこう押しているアルバムなのでしょうか。いろいろな現代音楽家を取り上げていますけど、やはりタイトル曲のヴァレンティン・シルヴェストロフの8-12曲目が静かな雰囲気といい、レーベルのサウンドカラーにマッチしているんでしょうか。ジャズだけだとありがたいんだけど、クラシックや現代音楽のボーダーレスでヨーロッパ(ドイツ)では成功しているのは、Winter&Winterレーベルも同じなので、かの地のリスナーの嗜好なのでしょうね。


Takemitsu/Hindemith/Janacek/Silvestrov/Five Pieces/Duo Gazzana(ECM New Series 2238)(輸入盤) - Natascia Gazzana(Vln), Raffaella Gazzana(P) - Toru Takemitsu: 1. Distance De Fee Paul Hindemith: 2-3. Sonata In E Leos Janacek: 4-7. Sonata Valentin Silvestrov: 8-12. Five Pieces

(11/11/07)演奏の2人の姉妹はイタリア出身で、現代音楽も得意とするデュオだそうです。ここでは’50年代(武満徹)、’30年代(ヒンデミス)、20世紀の割とはじめの時期(ヤナーチェク)の曲を取り上げ、タイトル曲の(シルヴェストロフ)’04年作では比較的新しい現代音楽を演奏しています。作曲者は時代も個性も違い、4人4様といった感じでバラエティに富んでいて、それを奏で上げていく姉妹の演奏も、けっこう素晴らしいものがあります。

« Boris Yoffe/Song Of Songs | トップページ | Rio/Keith Jarrett »

ECM2201-2250番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60509185

この記事へのトラックバック一覧です: Takemitsu/Hindemith/Janacek/Silvestrov/Five Pieces/Duo Gazzana:

« Boris Yoffe/Song Of Songs | トップページ | Rio/Keith Jarrett »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト