私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Open Minds/Mads Vinding Trio | トップページ | Dinner Jazz with ECM »

2011/08/07

The Mancy Of Sound/Steve Coleman And Five Elements

Stevemancy
スティーヴ・コールマンの新作が出た、と思ったら前作と同じ時期の’07年録音だったんですね。’80年代には主流の新伝承派に対してブルックリン派と呼ばれたり、グループのヴォーカリストがカサンドラ・ウィルソンだったりと、かなり話題になっていたのですが、最近は現代ジャズ全体の進化が著しいせいか、あまり彼の名前は聞かなくなりました。ただ、このアルバムを聴いてみると、相変わらず自己の理論でグループを引っ張っているんだな、ということが分かります。ただ、その方向性を指示するかしないかは、やはり聴いた人次第なのもやむを得ないわけで。できれば新録音で、今がどうなっているか知りたいとも思うのですが...。


The Mancy Of Sound/Steve Coleman(As) And Five Elements(PI Recordings)(輸入盤) - Recorded Fenruary 23 and July 25, 2007. Jonathan Finlayson(Tp), Tim Albreight(Tb), Jen Shyu(Vo), Thomas Mogan(B), Tyshawn Sorey(Ds), Marcus Gilmore(Ds), Ramon Garcia Perez(Per) - 1. Jan 18 2. Formation 1 3. Fire-Odge(Odu Ifa Suite) 4. Earth-Idi(Odu Ifa Suite) 5. Air-Iwori(Odu Ifa Suite) 6. Water-Oyeku(Odu Ifa Suite) 7. Formatrion 2 8. Noctuluca(Jan 11)

(11/08/07)全曲スティーヴ・コールマンの作曲ないしは共作。2曲を除いて前作と同じ録音日。メンバーも同じなので、前作と同じ傾向のサウンドです。いわゆる最近流行りの現代ジャズと比べ自由度の高い、よりフリー的な寄り添いが見られます。3-6曲目は黒人の民族的なサウンドの組曲か。これはこれで真剣勝負で良いのですが、ヴォーカルもサウンドも昔のスッキリしたサウンドに比べると、少々混沌度を増している感じ。メンバー的にも、特にヴォーカルは、少し小粒になったかなという印象も少々。ヴォーカルは西欧的な歌唱というより、黒人的な民族音楽的なのでクセがあります。ただ、どこを切ってもコールマンのサウンド、というのは相変わらず。2、7曲目だけ7月録音ですが、ホーン3人だけをバックにヴォーカルが歌う曲。

« Open Minds/Mads Vinding Trio | トップページ | Dinner Jazz with ECM »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
前作はホーン陣よりもよく目立つ女性ヴォーカルがどうにも肌に合わなかったのですが、本作はそれと同じ日の録音のアウトテイク曲が中心だったので買って大失敗だったです。
とはいえファイブエレメンツ自体を嫌いなわけではないので、早く最新の録音のものを聴いてみたいです。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

ヴォーカルや、途中の組曲が黒人民族音楽という感じの響きだったので、クセがありましたね。最近複雑なサウンドをビシッとキメてくるミュージシャンが多い中。自由というかある意味ルーズな雰囲気があるのも賛否両論出てくるんでは、と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/52414537

この記事へのトラックバック一覧です: The Mancy Of Sound/Steve Coleman And Five Elements:

» Steve Coleman and Five Elements / The Mancy of Sound [Jazz&Drummer]
Steve Coleman(As) Jonathan Finlayson(Tp) Tim Albright(Tb) Jen Shyu(Vo) Thomas Morgan(B) Tyshawn Sorey(Ds) Marcus Gilmore(Ds) Ramon Garcia Perez(Per) Rec. February 23, 2007(Track2,7 J... [続きを読む]

« Open Minds/Mads Vinding Trio | トップページ | Dinner Jazz with ECM »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト