私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 早くも新しいベースにキズがつく | トップページ | Antarctica/Richie Beirach »

2011/08/25

Reflets/Michel El Malem Group

Michelrefrets
実はこのアルバム、5月末発売で予約までしていたのだけど、予算の関係でいったんキャンセル、最近再度注文したものです。フランスジャズ自体はあまりアンテナを張っていないけれども、ここではマーク・コープランドの参加が要注目で、いつもの静かで耽美的な演奏よりも、もっと現代ジャズの中で勝負をしている感じで、違った側面が聴けて良かったですね。まあ、あまり話題になったアルバムではないし、フランス現代ジャズながらやや地味なサウンドかなとも思えるのですけど、全体としての印象はいい方なんじゃないかと。全曲に参加しているわけではないですが、ギターも、やはりロックの影響も受けている現代ギターですね。


Reflets/Michel El Malem(Ts, Ss) Group(Art Et Spectacles)(輸入盤) - Recorded July 27 and 28, 2010. Marc Copland(P), Luc Lsanmann(Ds), Marc Buronfosse(B), Michael Felberbaum(G) - 1. Reflets 2. Ici 3. La Mort N'existe Pas 4. Essaouira 5. Flo 6. La Fenetre 7. 328

(11/08/24)全曲Michel El Malemの作曲。曲やサウンドは智が勝った印象も。まさしく現代フランスジャズかも。マーク・コープランドの参加が硬派な意味でピッタリ。やや不気味なテーマではじまり、浮遊感あるフレーズで流れるように行きながら、ドラムスのリズムでプッシュされて勢いが出てきて現代ジャズになるタイトル曲の1曲目、ソプラノ・サックスのソロでの小品の2曲目に続くように、そのまま暗いフワフワ感のある11分台もの徐々に盛り上がっていくバラードに続く3曲目、3拍子で跳ねるような複合拍子のようにも聴こえるアドリブが自由な4曲目、モーダルでアップテンポの4ビートメインでグングン進んでいく5曲目、9拍子系でメカニカルな8ビート(?)リズムの6曲目、しっとりしつつ緊張感と盛り上がりのあるバラードの7曲目。

« 早くも新しいベースにキズがつく | トップページ | Antarctica/Richie Beirach »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/52564483

この記事へのトラックバック一覧です: Reflets/Michel El Malem Group:

« 早くも新しいベースにキズがつく | トップページ | Antarctica/Richie Beirach »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト