私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 藤井郷子オーケストラ@新宿ピットイン/昼の部 | トップページ | Film Noir/ステファン・オリヴァ ピアノ・ソロ »

2011/08/02

ファーザー・エクスプロレイションズ~ビル・エヴァンスに捧ぐ/チック・コリア/エディ・ゴメス/ポール・モチアン

Chickfurther
7月13日に発売されていた国内盤ですが、枚数をまとめて注文していたため、届くのが遅くなってしまいました。まあ、ビル・エヴァンスにちなんだ企画ものといえば企画ものなんですが、ビル・エヴァンスを最初は意識したサウンドだと思っていたら、後半に行くにつれ、やっぱりチック・コリアだなあ、と思わせる演奏にシフトしてきて、けっこう楽しむことができました。このあたり、最初から最後までエヴァンス風で通すピアニストとは一線を画しています。CD2枚組で140分ほどの演奏になっているので、聴きごたえはあると思います。ポール・モチアンも、最近は特殊な編成の現代ジャズが多かったですけれども、ここではオーソドックスなピアノ・トリオで、特異な音を響かせています。


ファーザー・エクスプロレイションズ~ビル・エヴァンスに捧ぐ/チック・コリア(P)/エディ・ゴメス(B)/ポール・モチアン(Ds)(Universal)
Further Explorations/Chick Corea(P), Eddie Gomez(B), Paul Motian(Ds)(Universal) - Recorded May 2010. - 1. Peri's Scope 2. Gloria's Step 3. They Say That Falling In Love Is Wonderful 4. Alice In Wonderland 5. Song, No.1 6. Diane 7. Off The Cuff 8. Laurie 9. Bill Evans 10. Little Rootie Tootie 11. Hot House 12. Mode VI 13. Another Tango 14. Turn Out The Stars 15. Rhapsody 16. Very Early 17. But Beautiful - Part 1 18. But Beautiful - Part 2 19. Pucini's Walk

CD2枚組。ビル・エヴァンスの曲や愛奏曲が中心のライヴ。特に1枚目は雰囲気的にも意識をしているような部分もあり、ピアノの豊饒な響きは似ている感じで、温かみのあるいい演奏になっています。2枚目の方が彼ららしい個性的な演奏が多く、チック・コリアらしい硬質寄りな演奏を多く聴くことができます。必ずしもエヴァンスに寄り添う場面だけとは限らず、これだけのメンバーなので、やはり今の彼らの演奏を伝える部分も目立っています。5曲目はビル・エヴァンスの未発表オリジナル曲、7曲目は3人のフリー・インプロヴィゼーション、9、13、15曲目はチック作、12曲目はポール・モチアン作、19曲目はエディ・ゴメス作。ドラムスとベースは、同時期にエヴァンスと演奏していたわけではないですが、不思議な一体感があります。(11年7月13日発売)

« 藤井郷子オーケストラ@新宿ピットイン/昼の部 | トップページ | Film Noir/ステファン・オリヴァ ピアノ・ソロ »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

910様 こんばんは、ki-maです。
ちょっと分量多いですが、ひとつひとつのテイクが顔合わせ通り面白い音楽になっていて嬉しかったです。改めてモチアンはやっぱり好きだと感じました。メジャーな面々ですが、個々にはかなりの曲者ばかりですよね。簡単には消化できない感じも好きです。それではトラックバックさせて頂きます。

>ki-maさん

TBどうもありがとうございます。

これだけのメンバーでありながら、ビル・エヴァンスというくくりにしてもちょっと変わった組み合わせだなあ、と思いました。ただ、それぞれの強烈な個性がぶつかり合って面白いサウンドになっているので、これもけっこうハマりそうなアルバムの1枚になってます。

こちらからもTBさせていただきます。
私はモチアンが苦手なので、CDの値段が高いこともあって最初は買わないと思ったのですが、聴いてみたらそれなりによかったです。
特にチックがフレージング的にけっこうエヴァンスを意識して弾いている曲があったりしたのが面白かったです。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

これで輸入盤があれば言うことなしなんですが、どうやら日本企画のようで、輸入盤は先にならないと出ないみたいですね。

ただ、こういう企画も、この組み合わせは前例がないと思うので、なかなか面白かったです。チックはエヴァンスのようにも弾けるというのは、私も興味が高まりましたです。

ビルエバンストリビュートということで、ビルエバンス的な演奏をしている部分が個人的にはしっくりきているというか、そっちが◎でした。
なので、各人の個性が出てきたところで逆に違和感を感じてしまったのが。。
でも、Eddie Gomez、Paul Motiaというのはなかなか絶妙な良い人選だったと思います。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

このメンバーでビル・エヴァンス・トリビュートをやるということが予想外だったので、楽しく聴けました。これは元は日本企画だったのかなあ、という気もしたんですが、プロデューサーその他のクレジットを見ると違うようでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/52376688

この記事へのトラックバック一覧です: ファーザー・エクスプロレイションズ~ビル・エヴァンスに捧ぐ/チック・コリア/エディ・ゴメス/ポール・モチアン:

» Chick Corea,Eddie Gomez,Paul Motian/Further Explorations [音楽という食物]
やはりここはPaul Motianというのが最大の関心です。 ピアノトリオでMotian入りっていうのも近年は聴いてません。 Chickはといえばコンスタントに作品を出して楽しませてくれていますが、 音の重さは年々薄れて「こそばゆい」感が前面に出がちなのがどうにも気になっ...... [続きを読む]

» Chick Corea, Eddie Gomez, Paul Motian / Further Explorations (J) [Jazz&Drummer]
Chick Corea(P) Eddie Gomez(B) Paul Motian(Ds) Rec. May 4-17, 2010, Live at the Blue Note Jazz Club, NY (Universal UCCJ3027/8) マイ・フェイバリット・ミュージシャンのチック・コリアだけ... [続きを読む]

» Chick Corea Further Explorations [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Chick Coreaのピアノトリオ作で昨年夏に日本盤が出ていたものですが、値段が高かったので輸入盤が入荷するのをずーっと待っていた盤となります。 秋頃から、国内盤を買ってしまおうかと何度も思ったのですが、ぐっとこらえてよかったです。かなり安価に買えたと思っています。 邦題がビルエバンスに捧ぐとなっているとおり、メンツもゆかりの2名を配しているところは、お見事と言うか.. でも、たしかこの2人がソロってビルエバンスと共演はしていなかったと思うのですが、でも絶妙な面容だと 思います。 と..... [続きを読む]

« 藤井郷子オーケストラ@新宿ピットイン/昼の部 | トップページ | Film Noir/ステファン・オリヴァ ピアノ・ソロ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト