私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« HMVのサイトのリニューアルなかなかうまくいかないようだけど | トップページ | Back At The Club "In Tribute"/小曽根真・フィーチャリング No Name Horses »

2011/08/21

Live & Let Live -Love For Japan-

Liveletlive
小曽根真が東日本大震災をきっかけに呼びかけて、大物のミュージシャンを含め、集まったオムニバスアルバム。メンバーはスゴいのだけれど、国内盤CDのオビの背には「Live & Let Live -Love For Japan-」としか書いてなくて、小曽根のオの字もないので、見過ごす人が多いかもしれません。こういうアルバムは、機会を逃すと手に入れるのが難しくなるので、今のうちに、とおススメしておきます。通して聴くと、やはり同一ミュージシャンのアルバムよりはバラバラな印象はありますが、曲ごととしてはけっこういいんじゃないかと思います。特に、ここでだけでしか聴けない組み合わせも多いですしね。


Live & Let Live -Love For Japan-(Verve) - Recorded April 29, May 22-24, 2011. - 1. Blue Bossa: Chick Corea(P), Makoto Ozone(P), Gary Burton(Vib) 2. Kujawiak: Anna Maria Jopek(Vo), Makoto Ozone(P) 3. Goldaze: Makoto Ozone(P), Christian McBride(B), Jeff "Tain" Watts(Ds) 4. Variations On A Dance: Jake Shimabukuro(Ukulele), Makoto Ozone(P) 5. There Is No Grater Love: Randy Brecker(Tp), Makoto Ozone(P), Christian McBride(B), Jeff "Tain" Watts(Ds) 6. Summertime: Gayle Moran Corea(Vo), Chick Corea(P), Makoto Ozone(P), Gary Burton(Vib) 7. Paquito D'Rivera(Cl), Makoto Ozone(P), Zach Brown(B), Eric Doob(Ds), Fung Chern Hwei(Vln), Gregor Huebnet(Vln), Rachel Golub(Vln), Jesse Mills(Vln), Cyrus Beroukhig(Vln), Andrea Oey(Vln), Aleksandr Nazaryan(Viola), Ronald Laurence(Viola), Leigh Stuart(Cello), Rubin Kodheil(Cello) 8. Am I A Dreamer?: Makoto Ozone(P) 9. ふるさと: Misuzu Kanno(Vo), Makoto Ozone(P)

東日本大震災で、小曽根真が呼びかけて集まったミュージシャンのアルバム。メンバーも曲ごとに替わるし、しかもかなりスゴい顔ぶれ。オリジナル、スタンダードなどいろいろな曲を演奏しています。タイトルには小曽根真の名前はないけれど、彼は全曲に参加しています。8曲目は彼のソロでのインプロヴィゼーション。曲によってですが、誰が小曽根、チック・コリア、ゲイリー・バートン、あるいは小曽根、クリスチャン・マクブライド。ジェフ・”テイン”・ワッツという顔ぶれを予想できただろうか。演奏は曲ごとに出演者も替わり、編成も違うので、やはりオムニバスだと思わせすが、曲ごとに聴いていくと、これはなかなかのアルバムです。ジャケットもなかなか。こういうアルバムは入手できなくなるのも早いので、気になる方はお早めに。(11年7月27日発売)

« HMVのサイトのリニューアルなかなかうまくいかないようだけど | トップページ | Back At The Club "In Tribute"/小曽根真・フィーチャリング No Name Horses »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
9曲目以外はどのトラックも素晴らしかったですが、そのなかでも特にマクブライド、ワッツとやっている2曲は滅茶苦茶カッコよかったです。
あとバートン、コリアとの2曲もさすがでしたね。
8曲目のソロ(即興曲)も変に重苦しくなくて気に入ってます。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

全曲小曽根がらみのアルバムではありますが、実力もあるし、ゲストが強力な人が多いし、ということで、アルバムを通しても十分楽しめますね。買って良かったアルバムのひとつでした。

このアルバムは、バラバラな感じがかえって、震災復興への彼らの想いや心意気を感じさせますね。
また、同時に小曽根さんの人望も感じます。

実力のある人はどんな形でもそれなりに聞かせます。
TBします~。

>madameさん

TBどうもありがとうございます。

これだけの人数をよく集められたなあ、ということとどの曲も小曽根さんが関わっているんですよね、それがスゴいなあ、なんてことを思っています。市場からなくなるのも早そうなので、長く秘蔵しておきたい1枚です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/52529848

この記事へのトラックバック一覧です: Live & Let Live -Love For Japan-:

» 小曽根真 / Live & Let Live - Love For Japan (J) [Jazz&Drummer]
1.Blue Bossa: Chick Corea(P), Makoto Ozone(P), Gary Burton(Vib) 2.Kujawiak: Anna Maria Jopek(Vo), Makoto Ozone(P) 3.Goldaze: Makoto Ozone(P), Christian McBride(B), Jeff "Tain" Watts(Ds) 4... [続きを読む]

» LIVE & LET LIVE / LOVE FOR JAPAN [JAZZ & BOSSA]
小曽根真さんが、震災復興のためにミュージシャンに呼びかけて作ったアルバム。 そうそうたるメンバーです。 正直、夏の間、ずっとジャズを聞く気になれず、これも1回聞きましたが、 入ってきませんでした。 ようやく、聞ける感じ。 ひと言でいえば、小曽根カラ―のアルバム。当然。 参加ミュージシャンがいろいろなので、それなりに楽しめるけれど、曲調、編成がいろいろ バラバラ、と言う感..... [続きを読む]

« HMVのサイトのリニューアルなかなかうまくいかないようだけど | トップページ | Back At The Club "In Tribute"/小曽根真・フィーチャリング No Name Horses »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト