私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Antarctica/Richie Beirach | トップページ | Siren/Uri Caine Trio »

2011/08/27

Impressions Of Tokyo/Richie Beirach

Richietokyo
今日のリッチー・バイラークのアルバムは先月末に出た新譜です。東京を中心とする日本をイメージしたアルバムのようです。でも、ちょっとジャケット写真が...(笑)。海外から日本を表現するとこうなってしまうんでしょうか。ただ、演奏の方は良くて、抽象的な表現の部分もあるにしても、昨日紹介したアルバムと違い、メロディアスな曲も長調短調おりまぜて、けっこうあります。あからさまな日本的な旋律は使ってないにしろ、日本的な情緒を感じることのできるメロディではありますね。クリアで温度感が低め、硬質感があるけれども、それでも日本的な何かを感じることができるようなサウンドだと思います。


Impressions Of Tokyo/Richie Beirach(P)(Out Note Records)(輸入盤) - Recorded September 17 and 18, 2010. - 1. Haiku - (Intro) Tokyo Lights At Night 2. Haiku 1 - Baker-San 3. Haiku 2 - Butterfly 4. Haiku 3 - Cherry Blossom Time 5. Haiku 4 - Takemitsu-San 6. Haiku 5 - Bullet Train 7. Haiku 6 - Togashi-San 8. Ancient City Of The Future 9. Lament For Hiroshima And Nagasaki 10. Haiku 7 - Japanese Playground 11. Haiku 8 - Kabuki 12. Haiku 9 Zatoichi-Kurosawa 13. Haiku 10. Rock Garden 14. Haiku 11 - Tragedy In Sendai 15. Haiku 12 - Shibumi 16. Eyes Of The Heart

(11/08/27)全曲リッチー・バイラークの作曲。果たして事前に用意されたものなのか、フリー・インプロヴィゼーションなのか。50数分で16曲と、けっこう詰め込んでありますが、日本の情景描写で、曲ごとにメロディアスだったり抽象的だったり、長調の曲もあればメランコリックな短調の曲もあったりと、けっこう変化に富んでいます。まさに東京を中心とする日本のスケッチなのですが、全般的に温度感の低い、硬質なピアノでの表現は、その1曲ごとの適度な時間、曲の密度や空間と、ソロ・ピアノによる表現の豊かさや変化で、飽きることなく聴き通すことができます。部分的には難解に思われるところもありますけど、全体の流れで見ていくと、情景描写や心理描写もあるとすれば、日本の旋律を強調はしてないのに上手い表現です。

« Antarctica/Richie Beirach | トップページ | Siren/Uri Caine Trio »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/52582012

この記事へのトラックバック一覧です: Impressions Of Tokyo/Richie Beirach:

« Antarctica/Richie Beirach | トップページ | Siren/Uri Caine Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト