私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Dinner Jazz with ECM | トップページ | Edition Lockenhaus/Gidon Kremer »

2011/08/10

旧橋壮GROUP@新宿ピットイン/昼の部

今日も同業者の友人と、平日だけどちょっとお盆モードで新宿ピットインの昼の部に行ってきました。

今回はMixiでもお知り合いの旧橋壮さんの演奏です。先日ライヴ行きはじめてから、ちょっとライヴづいています。今日は平日昼でも、休みの人も増えているせいか、お客さんの数は20数人から30人くらいか。

メンバーは、旧橋壮(Ts、Fl、Bass-fl)、久保島直樹(P)、カイドー・ユタカ(B)、川口弥夏(Ds)、ウィンチェスター・ニ・テテ(Per)のクインテット。

曲はオリジナルや、他の人のオリジナル、クラシックの題材などもあったり、スタンダードは後半で1曲取り上げられました。難しそうな曲(スペインのアントニオ・ガマサの曲が2曲)もありましたし、変拍子の曲もありました。フリーの曲(スティーヴ・レイシー作)もある反面、メロディアスな、フュージョンに置き換えることができるような美しい曲もあったり、かなり幅広いサウンドです。

セットリストを教えていただきましたので掲載します。

1ステージ
1.Rolan by 旧橋 壮
2.Regrets And Reslutions by Gary Schocker
3.ルーカの眺め by Mal Wardron
4.Squeegie by Rick Parker

2ステージ
1.Rosario by 旧橋 壮
2.Rumba Chick by Antonio Gamaza
3.Lush life by Billy Strayhorn
4.Art by S.Lacy
5.Los Jandarous by Antonio Gamaza

旧橋さんはサックスはもちろん、2種類のフルートも使い分けますって書くと、プロだもの、と言われそうですが、やっぱり来て良かったなあ、と思います。なかなか良いグループでした。ドラムスとパーカッションの2人のデュオの部分がけっこう多かったですが、これがまたピッタリハマってプッシュしまくってました。ドラマーはいつものメンバーとは違う人だったそうですが、バッチリのグループとの一体感。女性のドラマーに一緒に行った人はビックリもしていましたが。同行した人は、ピアニストの久保島さんも見たかった、とも言ってました。

演奏はCDを何枚か持ってますけど、最近は、やっぱライヴでしょ、って結論に近づきつつあります。本物の臨場感とサウンドですから。

最後に少しだけ、旧橋さんにご挨拶をして帰ってきましたけど、また機会があったら行ってみたいなあ、とも思います。

今日は、19時からサッカーの韓国戦。タイミングの良いスケジュールですね。

« Dinner Jazz with ECM | トップページ | Edition Lockenhaus/Gidon Kremer »

ライヴ・コンサート」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/52441499

この記事へのトラックバック一覧です: 旧橋壮GROUP@新宿ピットイン/昼の部:

« Dinner Jazz with ECM | トップページ | Edition Lockenhaus/Gidon Kremer »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト