私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Reflets/Michel El Malem Group | トップページ | Impressions Of Tokyo/Richie Beirach »

2011/08/26

Antarctica/Richie Beirach

Richieantar
このアルバム、CDの発売は’94年で、元の録音がLP時代の’85年です。久しぶりに旧譜(発売されてからだいぶ経ったもの)を聴いてみましたが、実は、数合わせの注文で値段が安くかったうえに、注文中に千円均一に引っ掛かって、値段表示が下がったこともうれしかったです。そのかわり6-9日で入荷予定が1ヵ月近くかかってしまいましたが。リッチー・バイラークも国内盤にならなかったものは追いかけきれていないので、今後もこういうアルバム、出会うかもですね。まあ、難解な感じではありますけど、当時のソロ・ピアノではあまり珍しくなかったと思います。一定の温度感とカラーを出し続けていたのが見事でした。


Antarctica/Richie Beirach(P)(Evidence)(輸入盤) - Recorded September 12-14, 1985. - Antarctica Suite Part One: 1. The Ice Shelf 2. Neptune's Bellows 3. Penguins On Parade 4. Deception Island Antarctica Suite Part Two: 5. Mirage 6. Water Lilies [The Cloud] 7. The Empress

(11/08/25)5曲目以外はリッチー・バイラークの作曲。録音年から当初LPだったようで、全34分台と短いアルバム。なかなか硬派で温度感が低いアルバムで、メロディ感が低く、現代音楽的な響きを持ったソロ・ピアノです。低音部で、メカニカルなベース・パートの動き、そして右手は速いパッセージが続く、といった感じの曲が多く、難解なイメージを持たれることもあるかも。時に、静かな場面も目立ってはいるけれども、やはり聴く人に緊張感を強いてます。ただ、当時の硬質なソロ・ピアノのフリー・インプロヴィゼーションでは珍しくなかったサウンドではあります。ある意味彼の得意とするところのサウンド。時に分かりやすいメロディがあらわれては消えていくも、静かでも盛り上がっても全体的にメカニカルなサウンドで続いていきます。

« Reflets/Michel El Malem Group | トップページ | Impressions Of Tokyo/Richie Beirach »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/52571885

この記事へのトラックバック一覧です: Antarctica/Richie Beirach:

« Reflets/Michel El Malem Group | トップページ | Impressions Of Tokyo/Richie Beirach »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト