私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Abstract Logix live! The New Universe Music Festival 2010 | トップページ | 藤井郷子オーケストラ@新宿ピットイン/昼の部 »

2011/07/30

Time Together/Michael Franks

Michaeltime
マイケル・フランクスのアルバムが久しぶりに出ました。マイナーなレーベルからのようだけれど、そんなことはお構いなしに曲ごとにいろいろな一流ミュージシャンが参加しています。ただ、ミュージシャンたちも、いわゆるフュージョン的なポップスを演奏しているのであって、いつもはスゴい演奏を繰り広げているミュージシャンたちも、ここではマイケルに合わせているのは当然のことです。でも、もったいないよなあ(笑)。相変わらずのマイペースな歌ですけど、バックの演奏もサウンドも都会的でいいし、聴いていてリラックスできるタイプのアルバムだと思うので、気になった方は、ぜひ。


Time Together/Michael Franks(Vo)(Shancie)(輸入盤) - Released 2011. Chuck Loab(G, Key, Ds, Per Prog on 1, 3, 6, 8, 11), Will Lee(B, Back Vo on 1), Wolfgang Haffner(Ds, Per on 1, 6, 8), Eric Marienthal(As on 1, 8), Till Bronner(Tp on 1, 3), Carmen Cuesta(Back Vo on 1, 8), Gil Goldstein(P on 2, 7, 10), Romero Lubambo(G on 2, 7, 10), Greg Cohen(B on 2, 7, 10), Rogerio Boccato(Per on 2, 7, 10), Mark Egan(B on 3, 8, 11), Shawn Pelton(Ds, Per on 3), Lizzy Loeb(Back Vo on 4), Veronica Nunn(Back Vo on 3, 5, 9), Scott Petito(B on 4), Jerry Marotta(Ds on 4), David Spinozza(G on 4), Mike Minieri(Vib on 4), Beth Nelson Chapman(Back Vo on 4), Charlie Blenzing(P, Key on 5, 9), Jay Anderson(B on 5, 9), Billy Kilson(Ds on 5, 9), Alex Sipiagin(Tp on 5, 9), Tim LeFebvre(B on 6), David Mann(Sax on 9), Joe Bonadio(Ds, Per on 11), Crifford Carter(Key on 11) - 1. Now That The Summer's Here 2. One Day In St. Tropez 3. Summer In New York 4. Mice 5. Charlie Chan In Egypt 6. I'd Rather Be Happy Than Right 7. Time Together 8. Samba Blue 9. My Heart Said Wow 10. If I Could Make September Stay 11. Feathers From And Angel's Wing

(11/07/30)全曲マイケル・フランクスの作曲。相変わらずのウマヘタなヴォーカル。ですが、曲はいいし、一流のミュージシャンをとっかえひっかえ使っていて、サウンドはメロウなニューヨーク・フュージョンそのもので音もいいです。結局はこの音の良さ、リラックスした演奏の良さが、聴いていて心地よい、ということなのだろうと思います。曲は簡単そうに歌ってますけど、コード進行等、ちょっとややこしいものがあったり、まさに都会的なサウンドを引き出しています。セッションはいくつかに分かれているけれども、ベースもエレクトリックだったりアコースティックだったりしても、流れとしては自然。これだけのミュージシャンが集まってくるのは、やはりシンガーソング・ライターとしても一流。好みとしてはボッサ系の曲ですが、皆いい感じ。

« Abstract Logix live! The New Universe Music Festival 2010 | トップページ | 藤井郷子オーケストラ@新宿ピットイン/昼の部 »

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

私も買いました。活動何周年記念か何かで、かつて一緒にアルバムを製作した連中が、駆け付けた様ですね。

>akelakobaさん

そういうことでしたか。

なぜか今回のアルバムが参加ミュージシャン、いつもより豪華だなあ、と思ってました。なかなか良いサウンドです。

工藤さん,おはようございます。TBありがとうございました。

何年経ってもMichael FranksはMichael Franksって感じですが,いつ聞いても安心感は確実にありますよね。メンツも適材適所でしょうし。今後もインターバルをあけずに活動して欲しいものです。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。っと、今回はTB入ってなかったので、機会があれば再トライしていただけるとうれしいです。

歌も上手いというほどではないんですけど、それが曲に妙にマッチして(曲もいいですし)いて、バックミュージシャンの配置も適材適所っていう感じで、けっこうハマってしまいます。たぶんこれからも聴いていくんだろうなあ、と思います。

910さま、、
毎年、、なんですが、、お仕事的に、、苦しい、8月、9月です。はい。

そんなこんなで、外出もせずに机で数字とにらめっこしてあとは、こんなアルバで浮き世のことを忘れちゃいたいもので。
夕暮れ時に、かけちゃうと、、お夕飯の支度がイヤン、って、感じで困ります。

ありがとうございました。トラバ、しましたわ。

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

8月、9月がお忙しいということは、あっち方面のお仕事ですね。わかります、わかります。頑張ってください、としか言えないですけど。

このアルバム、いい感じに心地良くかかってくれるので、ついかけてしまいますね。やっぱりマイケル・フランクス、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/52348705

この記事へのトラックバック一覧です: Time Together/Michael Franks:

» Michael Franks:変わらないねぇ。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Time Together Michael Franks(Shanachie) 私が初めてMichael Franksを意識したのはDave Grusinがオケと共演したライブ(Dave Grusin [続きを読む]

» Time Together / Michael Franks [My Secret Room]
何気ない会話、その優しい声が聞けるだけでいい。そんな人いますよね。。 とある国の [続きを読む]

« Abstract Logix live! The New Universe Music Festival 2010 | トップページ | 藤井郷子オーケストラ@新宿ピットイン/昼の部 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト