私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« PIANIST~ワルツ・フォー・ビル・エヴァンス | トップページ | Celestial Circle/Marilyn Mazur »

2011/06/26

What's It All About/Pat Metheny

Patwhats
パット・メセニーのアコースティック・ソロ・ギターでの新作。譜面はおそらくテーマ部分のメロディだけで、あとはその時の気分で演奏しているんじゃないかとは考えられるので、いちおうジャズに分類しておきますけど。ジャズ的なフレーズではないので、ギターミュージックではあるんだけれど、ジャズの枠にはくくれない、でも聴くと心地良いアルバムです。かと言って3コードで弾くような単純なことはやっておらず、すらすらとシンプルに演奏しているように見えて、その表現の世界は深いです。ギターの巨匠(すでにパットもそういう歳なんですね)が何気なく表現した世界が素晴らしかった、そういうことなんだろうと思います。


What's It All About/Pat Metheny(Nonesuch)(輸入盤) - Recorded February 2011. - 1. The Sound Of Silence 2. Cherish 3. Alfie 4. Pipeline 5. Garota De Ipanema 6. Rainy Days And Mondays 7. That's The Way I've Always Heard It Should Be 8. Slow Hot Wind 9. Betcha By Golly, Wow 10. And I Love Her

(11/06/25)初の全曲カヴァー&一切のオーバーダビングなしのギターソロアルバムとのこと。主にバリトンギターを使用していて、1曲目が42弦ギター、4曲目が6弦ギター、10曲目がナイロン弦ギターを使用。パット・メセニーのことだから、ほとんどジャズのイディオムでは弾いていなくて、アコースティック・ギターで素直に弾くとこうなる、というような素朴な味すらあるサウンド。でもよく聴くと深いので、ここまで出来るのは逆に相当ギターのウデがないと、と思うのだけれど、聴き流すこともできるサウンドに仕立て上げているのはスゴいことだと思います。知っている曲もあれば知らない曲もありますが、有名な曲ばかりなので、メロディアスなギター・サウンドに身をまかせ、時間が過ぎていきます。ギターのフレーズもサウンドも素晴らしい。

« PIANIST~ワルツ・フォー・ビル・エヴァンス | トップページ | Celestial Circle/Marilyn Mazur »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
いかにもメセニーがアコギでソロを弾けばこうなるといった感じの演奏でしたが、選曲が良いことも相まって、最後まで飽きることなく楽しめたどころか、中には感動すら覚える曲までありました。
やっぱりメセニーは何をやっても凄いですね。
「ゼロ・トレランス・フォー・サイレンス」以外は全てのアルバムに共感できます。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

曲もよければ演奏も良しで、ジャズ度がほぼないとか、そういうことは気にせずに、音世界にリラックスしてひたりきった感じです。

普通にやっても素晴らしい、というのは、本当にスゴいことです。

910様
こんばんは。この作品は始めの印象よりどんどん良くなっています。気持ちいいのでまずかけてしまう。特に深夜。今の季節にも合う作品ですよね。ではトラバさせて頂きますね。

>ki-maさん

TBどうもありがとうございます。

聴きやすいですけど、ちょっとうまいぐらいのギター弾きでも弾けそうな感じなのに、その表現はパットでなければ無理じゃないか、と予想させるところがまた、深そうだな、と思った部分でもあります。

でも、何度もかけてしまいたくなりますね。

工藤さん,続けておはようございます。

本作は最初の印象と,それ以降,何度か聞いた後の印象が随分違ってくる感じがあり,面白いなぁと思いました。そもそも選曲が私たちの世代の心の琴線をくすぐりますよねぇ。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

肩の力がかなり抜けているというか、リラックスしたソロ・ギターのアルバムなんですけど、全曲カヴァーは今回が初めてということで、これもちょっとビックリしました。やっぱり選曲もいいですねえ。

ただただ、聞き惚れれば充分なアルバムですが。。
有名な曲を、Pat Methenyがどう料理するかってのも興味津々でした。
基本的には、原曲を残しながら、しっかりPat Methenyサウンドに仕立て上げているなと言う感じで、感嘆しつつも納得できる作品という感じでした。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

彼にしてみれば、このぐらいだとすぐに録音できてしまいそうな内容ですけど、やはり彼ならではだなあ、と思いました。バリトンギターを重点的に使っているのも、落ち着きが出て、いいですね。

こんにちは。

>でもよく聴くと深いので、ここまで出来るのは逆に相当ギターのウデがないと、と思うのだけれど、聴き流すこともできるサウンドに仕立て上げているのはスゴいことだと思います。

そうですよねぇ。
でも、なんだか、ぐたぐた時間がかかってしまいました。
やっぱ、とても好きなギターで、思い入れちゃってるんだろうなぁ。。
と、独り、、にんまりです。アホなわたし。(笑)

トラバしますね。

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

最初は「なんだこれは!」状態で、聴いていくと納得、という方も割と多かったようですね。

こういうアルバムで聴きやすいのは、けっこうポイントが高いと思います。

これは本当にすばらしい作品だと思います。
どうにでもできるナンバーばかりですが、どれもが別世界になってます。
削ぎ落としてシンプルにやっているのが、こんな深い世界を作る、と言うのが凄い。
TBします~。

>madameさん

TBどうもありがとうございます。

ソロギターで、ほとんどの曲をシンプルにやっているのに、なかなか味わい深いものがあります。やはり彼のギターは、こういうものでも別格だった、ということが分かった1枚でもありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/52040389

この記事へのトラックバック一覧です: What's It All About/Pat Metheny:

» Pat Metheny / What's It All About [Jazz&Drummer]
Pat Metheny(Baritone-G, 42 Storing-G, 6 String-G, Nylon String-G) Rec. February 2011, NY (Nonesuch Records 527912) オーケストリオンという大掛かりな自動演奏装置を用いた前作「Pat Metheny/... [続きを読む]

» Pat Metheny/Whats It All About [音楽という食物]
Patが弾くThe Sound of Silence。確かに興味津津です。 イントロは完全にPatの世界。素晴らしい。なにか日本の楽器ももっと何かできるのでは、なんて思ってしまうオリエンタルな音。 ところがその後出てくるThe Sound of Silenceの旋律がイントロに負けている。 これが...... [続きを読む]

» 聞けば聞くほど味わいが増すPat Methenyのカヴァー・アルバム [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
What's It All About Pat Metheny (Nonesuch) 新譜と呼ぶには明らかに時期を失しているが,一応新譜扱いとさせて頂こう。それにしても随分と記事をアップするのに時間が [続きを読む]

» Pat Metheny Whats It All About [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Pat Methenyの新譜は、カバー集ということで情報が世の中に出た直後の評判はあまり芳しいものではないのが多かったような印象を受けていました。 なんで、この時期にカバー集なのか?しかも、選んでいる曲が アレにソレにコレっていうのは?? みたいな(笑) 冷静に考えればJAZZなんてスタンダードを演奏することが基本として発展した音楽で、New StandardなんてタイトルのアルバムをHerbie Hancockがリリースしたのは、もう15年も前のことです。 そうでなくてもBeatles..... [続きを読む]

» What’s It All About / Pat Metheny [My Secret Room]
人は想い出でできている? 心の奥に静かに拡がる湖。 無秩序に、、そして静かにただ [続きを読む]

» PAT METHENY / WHAT’S IT ALL ABOUT [JAZZ & BOSSA]
この人の中にはいつも広大、雄大な世界があって、今回ソロということで、これがもっとも 顕著でピュアに、表わされている、そんなアルバムです。 シンプルにソロ、がかえって彼の世界観そのまま。う〜ん、素晴らしいです。 本当に只者ではない、と感じさせるもの。 あらゆる音楽ジャンルを超越して、自分の世界を見せる、本当の表現者。 おなじみのナンバーばかり。それらの曲を今までの..... [続きを読む]

« PIANIST~ワルツ・フォー・ビル・エヴァンス | トップページ | Celestial Circle/Marilyn Mazur »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト