私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ジャズ/ジョー・ピューマ/ビル・エヴァンス | トップページ | Live At Birdland/Lee Konitz/Brad Mehldau/Charlie Haden/Paul Motian »

2011/05/18

Avenging Angel/Craig Taborn

2207
ECMレーベルがまた2枚入ってきたので、聴いていきます。Craig Tabornを自分のブログで検索かけたら、参加作は「クリス・ポッター・アンダーグラウンド」とか「ロスコー・ミッチェル」「エヴァン・パーカー」「デヴィッド・トーン」「デヴィッド・ビニー」とかいろいろヒットしましたが、けっこう硬派なイメージを持つ彼の、届いたECM新作はソロ・ピアノ集でした(笑)。しかも、しっかりと Produced by Manfred Eicher の文字が。でも、温度感は低いながらも、やはりある程度活発なフレーズもあって、そのあたりが彼らしいところかも。でも、ソロ・ピアノという発想自体、彼では考えにくい面もあるので、聴く人を選ぶのかな、という気もしています。


Avenging Angel/Craig Taborn(P)(ECM 2207)(輸入盤) - Recorded July 2010. - 1. The Broad Day King 2. Glossolalia 3. Diamond Turning Dream 4. Avenging Angel 5. This Voice Says So 6. Neverland 7. True Life Near 8. Gift Horse/Over The Water 9. A Difficult Thing Said Simply 10. Spirit Hard Knock 11. Neither-Nor 12. Forgetful 13. This Is How You Dissapear

(11/05/17)全曲Craig Tabornの作曲。ソロなので、もしかするとフリー・インプロヴィゼーションの要素も強いかも。マンフレート・アイヒャーのプロデュースでもあり、出だしはECM的な、静かで耽美的ではあるも、2曲目は速いパッセージのフリー・インプロヴィゼーションで、やはりひとクセもふたクセもありそうなピアノです。それでいて、美しかったり静かだったりする要素もあって、レーベルのこうあらねばならぬ、というような部分を押さえつつも、彼なりに飛翔している感じ。変拍子もあり、多少現代音楽的な難解なフレーズも垣間見えるのも、彼の多面性を表しています。音的に出るべきところは出ているも、やはりジャズ的というよりは現代音楽的な力強さ。でも温度感は低いままの硬質さは保っています。彼の一面ですが、なかなか。

« ジャズ/ジョー・ピューマ/ビル・エヴァンス | トップページ | Live At Birdland/Lee Konitz/Brad Mehldau/Charlie Haden/Paul Motian »

ECM2201-2250番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/51698835

この記事へのトラックバック一覧です: Avenging Angel/Craig Taborn:

« ジャズ/ジョー・ピューマ/ビル・エヴァンス | トップページ | Live At Birdland/Lee Konitz/Brad Mehldau/Charlie Haden/Paul Motian »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト