私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Soundtime/Joachim Kuhn | トップページ | Live In Italy/Eddie Gomez Trio »

2011/04/26

Lines Of Oppression/Ari Hoenig

Arilines
もう1ヶ月半も前に届いていたんだけれども、聴くのが遅くなってしまいました。聴いたら、何でこれを届いてすぐに聴かなかったんだろうと後悔しました(笑)。変拍子と超絶テクがバシバシのこのアルバム、リーダーのドラマーも出たがりなので、聴く人をある程度選んでしまうかもしれませんが、飛ぶ鳥を落とす勢いのアリ・ホーニッグですから、聴いてビックリだと思います。ここまでやってくれたらむしろすがすがしいというか。曲も複雑なものが多く、半分以上をドラマーが作曲したとは思えないほど。それらの難曲をこなしてしまう参加ミュージシャンたちにも脱帽でしたが。テクニックでこれでもかとせまってくる印象でした。


Lines Of Oppression/Ari Hoenig(Ds, Vo)(Naive)(輸入盤) - Recorded January 19-21, 2010. Tigran Hamasyan(P, Vo, Beat Box), Gilad Hekselman(G, Vo), Orland Le Fleming(B on 1, 3, 5-8), Chris Tordini(B on 2, 9-10, Vo) - 1. Lines Of Oppression 2. Arrows And Loops 3. Wedding Song 4. Rhythm 5. Rhythm-a-ning 6. Moanin' 7. Love's Feathered Nails 8. Ephemeral Eyes 9. How High The Moon 10. Higher To Mayastan

(11/04/26)アリ・ホーニッグ作曲は1-4、7-8曲目の6曲。5-6、9曲目はジャズメン・オリジナルやスタンダードで、10曲目はピアニスト作曲。多くの曲はリズムが変拍子だったりで、これぞスリリングな現代ジャズというところを聴かせてくれます。ドラムスは前面に出る派。1曲目からして、どんな拍子か分析はしきれないけどメンバーが緊密につながりあって進行していきます。2曲目もけっこう複雑なリズム。さすがこのメンバー、というような曲が多いです。その中にも3曲目のようなバラードも。有名な5、9曲目もかなりクセもの。6曲目はドラムスのタムの皮を音階的に押して出しているんだと思いますが、これはテクニック的にはけっこう大変な奏法と聞いてます。個性のカタマリのドラマーがこれでもかとせまってくるのはいい感じ。

« Soundtime/Joachim Kuhn | トップページ | Live In Italy/Eddie Gomez Trio »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
本作は演奏面においても作曲面においても、ホーニッグのいい意味での変態ぶりが充分に発揮されていて、最高に素晴らしかったです。
若手の共演者たちも、ホーニッグには決して引けを取ってませんでしたね。
曲良し演奏良し、さらに録音も良好で、わたし的に今年のベスト1は、今のところ本作に決定です。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

ドラマーとして、こういうアルバムを作ってくれちゃったので、感謝感激ってところです。変拍子バシバシもさるところながら、曲作りもうまいですね。メンバーも、こういう曲に追いついていくのだからさすがです。

>テクニックでこれでもかとせまってくる印象でした。
ですよね。
おそらく、このあたりでちょっとだけ違和感を感じてしまっているんだと思います。(楽器やらないから??)
充分に、聴き応えのある凄い演奏だとは思うのですが。。


コメントありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

確かに、ここまでビートが複雑化してきて、何拍子か判別し難い拍子があると、変拍子の心地良さというよりは、安定感に欠けた失調感というのも感じることもあるようですね。

ただ、彼以外にはこんなことやらないだろう、というのが随所にあって、面白かったです。

はじめまして。全曲コメントが有り難くいつも辞書のように参考にさせて頂いています。この作品は僕も届いてずいぶん経ってから聴いたんですが、圧倒されました。前作でも感じましたがここまで"Drums"の音とリズムにこだわったリーダー作はなかなかお目にかかりませんね。お初ですがTBさせていただきます。

>とっつぁんさん

どうもはじめまして。
TBありがとうございます。お名前は知り合いのブログで拝見してました。

曲ごとに全部書いていくのも1枚6-8曲収録までなら何とかなるのですが、最近は曲数が多いものが増えてしまい、そのペースが崩れてしまいました。

もしかするとこのアルバムは、ドラマーによるドラマーのためのアルバムではないかなあ、なんてことを思ってますが、他のメンバーもレベルが高く、難なくこなしてますので、インパクトはかなり大きかったです。

今後ともよろしくお願いします。

こんばんは。
来日記念で、ブログに書いてみました。

アリホリさまって、かなり、昔の?ミュージシャン的やんちゃな面があるそうですが、ドラムは凄いですよねぇ。
曲なんて、わたしはなんだかよくわからん感じです。でも、凄いねぇ。(笑)

わたし、、ギターもピアノもかっこよかったけど、実は、5曲目のドラムソロが一番好きかも。あれって、反則ですよねぇ。

5曲めでなくて4曲めですわ 。m(_ _)m

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

高度なコード(シャレではなく)進行と変拍子で、何が何だか分からないうちにメンバーによって高みに連れていかれる感じでした(笑)。

やっぱりドラマーのリーダー作なので、ここまでやっちゃうのもアリかな、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/51502714

この記事へのトラックバック一覧です: Lines Of Oppression/Ari Hoenig:

» Ari Hoenig / Lines of Oppression [Jazz&Drummer]
Ari Hoenig(Ds, Vo) Tigran Hamasyan(P, Vo, Beat Box) Gilad Hekselman(G, Vo) Orlando Le Fleming(B)1,3,5,6,7,8 Chris Tordini(B)2,9,10 Rec. January 19-21, 2010, NY (Naive NJ621111) 大地... [続きを読む]

» Ari Hoenig Lines Of Oppression [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Ari Hoenigのリーダー作です。 つい最近、 Live at Smalls (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60161207.html)がリリースされてましたが、これは本人が意図した作ったというより会場側の都合という感じなので、2008年リリースの Bert s Playground (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/55059089.html)以来のアルバムと言う位置づけで良いと思います。 メンツは、前作 ..... [続きを読む]

» Ari Hoenig / Lines of Oppression [とっつぁんの日記帳]
Ari Hoenig (ds,vo) Tigran Hamasyan (p,vo,Beatbox) Gilad Hekselman (g,vo) Orlando Le Fleming (b) on 1,3,5,6,7,8 Chris Tordini (b) on 2.9.10 ,(vo) Rel:2011 naive NJ621111 Recorded on Jan 19,20,21,2010 at Peter Karl Studios,Brooklyn,NY 彼のリーダー作..... [続きを読む]

» Lines of Oppression / Ari Hoenig [My Secret Room]
遠くだろうが、近くだろうが、知らない街の見知らぬ街角に立つと。。。。 信用金庫の [続きを読む]

« Soundtime/Joachim Kuhn | トップページ | Live In Italy/Eddie Gomez Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト