私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 花粉症でダウン寸前 | トップページ | Vespers/Iro Haarla Quintet »

2011/03/04

Imprint/Julia Hulsmann Trio

2177
またECMレーベルが数枚届きました。このメンバーのトリオとしては「The End Of A Summer」(ECM2079)に続いて2作目。ただ、このトリオを含む6人編成のアルバムとしてはさらに「Fasil/Marc Sinan(G)」(ECM2076)があります。聴いていて、やはりECMが合っているんだろうなあ(マンフレート・アイヒャーのプロデュースによるところも大きいのでしょうが)と思われるサウンドですね。でも、メロディやノリのあるピアノ・トリオとは正反対の、淡い、浮遊感のある非4ビート系なので、そこら辺が好みの分かれ目かもしれないですね。いわゆるECMファンにはウケそうな(私もECMファンです)アルバム。時々出てくるベースラインが構築されたもののようで、興味深いです。


Imprint/Julia Hulsmann(P) Trio(ECM 2177)(輸入盤) - Recorded March 2010. Marc Muellbauer(B), Heinrich Kobberling(Ds) - 1. Rond Point 2. Grand Canyon 3. A Light Left On 4. Juni 5. Storm In A Teacup 6. (Go And Open) The Door 7. Kauf Dir Einen Bunten Luftballon 8. Ritual 9. Lulu's Paradise 10. Ulmenwall 11. Zehlen Bitte 12. Who's Next

(11/03/04)全12曲中、Julia Hulsmann作は7曲(1-4、6、9、12曲目)で、7曲目以外の3曲は他のメンバーの作曲。ECMらしい非4ビート系の淡い、浮遊感のある感触の曲が並びますが、2曲目は動的である程度のテンポ、盛り上がりがあります。温度感は低めだし、しっとりした曲だと思うと、素直でない硬質なメロディを奏でるところもあって、やはりこのレーベルから出すことが生きてくる曲が多いです。淡くちょっと薄暮の中を漂うようなサウンドカラーはボトムの2人の指向性にもよるかも。エキゾチックではないにしろ、ミステリアスなところがあります。メロディよりも全体の動きで聴かせる感じ。目立たないけど変拍子もありか。6曲目も8ビート系だけどベースラインなど構築された感が漂います。リズムやベースラインの面白み。

« 花粉症でダウン寸前 | トップページ | Vespers/Iro Haarla Quintet »

ECM2151-2200番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/51032422

この記事へのトラックバック一覧です: Imprint/Julia Hulsmann Trio:

« 花粉症でダウン寸前 | トップページ | Vespers/Iro Haarla Quintet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト