私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Annette/Paul Bley, Franz Koglmann, Gary Peacock | トップページ | Perpetual Motion/Donny McCaslin »

2011/02/04

Saburi/Cyminology

2164_2
ECMレーベルで久々に新譜が出ました。前回出たのが昨年11月だったので、けっこう出ない期間が長かったです。またドドッと大量リリースになるのかな、という気もしています。ところで、このアルバム、このグループでは2枚目だったのですが、前のアルバムのグループ名とタイトルを逆にしていて、2年間そのままにしていました(笑)。だって、分かんなかったんだもん(笑)。今日直しておきましたけど、マイナーなアルバムゆえに指摘して下さる方もいなくて。相変わらず無国籍的ワールドと西洋の折衷音楽をやらせたらECMはうまいな、と思わせるアルバムでした。でもジャズ度としてはインプロヴィゼーションがあっても希薄かもしれなくて、やはりECMのフォロワー向けかな、とも思います。


Saburi/Cyminology(ECM 2164)(輸入盤) - Recorded January 2010. Cymin Samawatie(Vo), Benedikt Jahnel(P), Ralf Schwarz(B), Ketan Bhatti(Ds, Per) - 1. Sibaai 2. Saburi 3. Shakibaai 4. Norma 5. As Maa 6. Nemininam

(11/02/04)「As Nay」に続く同じメンバーの2枚目。Cymin Samawatieの作詞とメンバー(主にBenedikt Jahnel)の作曲ばかりの曲で構成。ヴォーカルとピアノ・トリオですが、歌詞がアラビア文字(ペルシャ語)で、ヴォーカリストはジャーマン・イラニアン。ヴォーカルがミステリアスな声質と言語なので、より迷路の中に入っていくようでもあり、落ちつく感触のゆったりとしている曲ばかりなので、やはり空間を生かしつつ、ECMらしいところは多いです。温度感も相変わらず低いですし。変拍子の曲もありますけど、ピアノとベースがヨーロッパ系、ドラムスがインド系なので、不思議な折衷感覚があります。それをこのレーベルで録音すると、オーソドックスな編成でも不思議なアルバムになります。それでも時にややダイナミックになる場面あり。

« Annette/Paul Bley, Franz Koglmann, Gary Peacock | トップページ | Perpetual Motion/Donny McCaslin »

ECM2151-2200番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/50776344

この記事へのトラックバック一覧です: Saburi/Cyminology:

« Annette/Paul Bley, Franz Koglmann, Gary Peacock | トップページ | Perpetual Motion/Donny McCaslin »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト