私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The South Of Everywhere/Jonathan Kreisberg | トップページ | Night Song/Ketil Bjornstad/Svante Henryson »

2011/02/08

カート・ローゼンウィンケルのライヴ(新宿ピットイン)

Kurt Rosenwinkel(G) Trio - Live at 新宿Pit Inn (February 7, 2011)
with Eric Revis(B), Colin Stranahan(Ds)

新宿ピットインでのカート・ローゼンウィンケルのライヴ(7日)をだいぶ以前からMixiのマイミクのTOYOさんからお誘いいただいていたので、行ってきました。TOYOさんには機会を作っていただいて感謝してます。

まず、新宿駅で17時半に待ち合わせ。ディスクユニオンに寄っていろいろ見てたら、ジャズ批評別冊の「全ブルーノートブック」初版が400円であったのでゲット(2版、3版、最新版の4版は持ってます)。またTOYOさんが「Seeing People/Roman Ott INNER SHAPE & Kurt Rosenwinkel」(FSNT)を見つけて、「どうですか」とのことで、未開封盤が1,300円だったので、これも買わせてもらいました。帰ってきてAmazonやHMVと比較しても安かったです。

そして夕食は餃子の王将で。いろいろ話をしながら、ビールをジョッキ1杯ずつ。ライヴの前でなければ、もっと飲んでしまうのですが、酔ったりトイレが近くなるといけないので節制しました。そして、19時ごろ店を出て新宿ピットインに向かうと、何と知り合いのoza。さんがいました。急にチケットが余ったので、今日来ることが決まったそうです。当方番号が15-16番で、中央の4列目に吸われました。

カートのトリオなんで、変拍子でもノリまくってやる、との予定でしたが、事前に、スタンダードその他既成曲の演奏との情報が入りました。

ただ新宿ピットインだと5日の会場の横浜モーションブルーと違って、1部2部の入れ替えがないので、十分堪能してきました。さすがカートなだけあって、立ち見の人もいっぱいです。

曲はモンク、ジャズメンオリジナル、スタンダード、サンバ、ボッサ、バラードなど、たぶん既成の曲ばかりで変拍子はなかったですけれど、エリック・レヴィス(B)、コリン・ストラナハン(Ds)とのトリオはけっこう正統派で良かったです。

カートは独自の理論で弾いているんでしょうけど、メロディアスでアウトした感じがあまりしなくてスムーズだし、ピアノで言うとコンピングにあたる動作だったりコード奏法がじつに見事でした。日本であそこまで弾けるギタリスト、いないんじゃないかな。繊細な演奏も含むので、観客は適度に拍手して声をかけて、という感じでした。かなり至福の時間を過ごしていた、という感じです。

20時過ぎにはじまって2部構成でアンコールを終えて23時過ぎだったので、けっこう長い時間演奏を聴けたと思います。ラストでゲストにTOKU さんがフリューゲル・ホーンで加わりました。何だか演奏内容の記述が少ないんじゃないか、と言われそうですが、書くのがもったいなくて(笑)。

帰りは、ちょっと遅くなったせいか、電車が東海道川崎11時58分着で、終バスが58分発なので、ギリギリアウト、タクシーにのって帰って結果的にバスより早くたどりつきました。

« The South Of Everywhere/Jonathan Kreisberg | トップページ | Night Song/Ketil Bjornstad/Svante Henryson »

ジャズ」カテゴリの記事

ライヴ・コンサート」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/50808290

この記事へのトラックバック一覧です: カート・ローゼンウィンケルのライヴ(新宿ピットイン):

« The South Of Everywhere/Jonathan Kreisberg | トップページ | Night Song/Ketil Bjornstad/Svante Henryson »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト