私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Bailador/Michel Portal | トップページ | With You/鈴木重子 and 木住野佳子 »

2011/01/28

ジンボジャンボリー/神保彰

Jimbojambo
ポップなメロディでいて、けっこうテクニックの要する曲を演奏する元祖は、今日紹介する神保彰もいたカシオペアなんだけれども、こういうサウンドは、確か記憶によれば、それを日本からアメリカに輸出してスムース・ジャズがその後生まれた、なんてことを覚えてますが、記憶違いだったらごめんなさい。神保はずっとメロディ・メイカーですね。コンスタントにアルバムを出し続けていますし、メロディは何気ないんだけれども演奏面がけっこうスゴいのも相変わらずです。ある面売れセンといえば売れセンなので、聴く人の好みもあるかもしれませんが。個人的には好きなタイプですね。


ジンボジャンボリー/神保彰(Ds)(Electric Bird)
Jimbo Jamboree/Akira Jimbo(Ds)(Electric Bird) - Released 2011. Abrahama Laboriel(B, Vo), Otomaro Ruiz(P, Key, Vo), Allen Hinds(G, Vo) - 1. Ding-A-Ling Go Go 2. Love Is The World 3. Jimbo Jamboree 4. Wind Your Clock 5. Let Me Be Your Special 6. Eternal Summer 7. Tokyo Summer Heat 8. Hi TO Mi 9. So Bad Boogie 10. Go Your Way

全曲神保彰の作曲、アレンジ。メロディを抽出するとJ-POPのように、けっこうキャッチーなメロディが出てきます。目立たないけどプログラミングも重要な位置を占めているようです。そして、参加しているメンバーがハンパではないテクニックも駆使する場面が多く、やはり腕利きのメンバーを集めてきたフュージョンですね。軽々と聴き流せてしまうんだけれども、演奏内容まで踏み込むとけっこうスゴいなあ、というアルバム。ドラムスは他の人では置き換えができないくらいスゴいことをやっている場面も。録音のマスタリングもフュージョンというよりかJ-POPに近いものを感じてしまいますが、これは音圧が高いせいかも。ラテンの要素を持っている明るい曲が多いけれど、曲ごとに変化があります。日本的な旋律を意識した曲(8曲目)も。(11年1月12日発売)

« Bailador/Michel Portal | トップページ | With You/鈴木重子 and 木住野佳子 »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/50711831

この記事へのトラックバック一覧です: ジンボジャンボリー/神保彰:

« Bailador/Michel Portal | トップページ | With You/鈴木重子 and 木住野佳子 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト