私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« スピリチュアル・モーメンツ/富樫雅彦 | トップページ | Complete Communion To Don Cherry/Aldo Romano »

2011/01/23

陽光/富樫雅彦/鈴木勲

Togashiadayof
富樫雅彦関連アルバム3日目で、一段落。これでいったん未聴アルバムの中で邦人のリーダー作はなくなりました。これも’09年5月に購入のものなので、もっと早く聴いておけばよかったと後悔しています。当時の富樫は、昨日のアルバムでもそうでしたが、けっこう叩きまくっていたんですね。そういうところが分かっただけでも、収穫です。まだ聴いていない彼のアルバムは、そのうちまた、ゆっくりと集めることにします。ここでは、ベースやピッコロ・ベース、チェロなどが出てきて、区別がつかないものもありますけど、エフェクトがかかっていたりして、けっこう実験的なこともしています。やはりタダ者ではないお2人でした。


陽光/富樫雅彦(Per、etc)/鈴木勲(B、Piccolo B、Cello、etc)(P.J.L.)
A Day Of The Sun/Masahiko Togashi(Per, etc)/Isao Suzuki(B, Piccolo B, Cello, etc)(P.J.L.) - Recorded February 1-3, 1979. - 1. 陽光(A Day Of The Sun) 2. 東洋の黄色いたまご(Birth Of Yellow Eggs) 3. Lonely Blue 4. 深海生物の歌(Creatures In The Deep Blue Sea) 5. Silvery Flash 6. 芽生え(Awakening Of The Fresh Green)

2、4、6曲目が富樫雅彦作、1、3、5曲目が鈴木勲作。いろいろな楽器を使って自由に進んでいるデュオ作。多重録音もあって、時にメロディも浮かび上がります。ピアノ、マリンバは鈴木の、シンセサイザーは富樫の演奏。しっとりとはじまったあとに、ラテン的パーカッションで派手に叩き、その後にベースが絡む1曲目、繰り返すパーカッションのパルスに乗っかりアルコ、時にピチカートで進む鈴木の弦が響き渡る2曲目、パーカッションソロの後に、エフェクト(エコー?)をかけた弦の音がゆったりと絡んでは消える3曲目、シンセサイザーをバックに、和的な雰囲気もあるパーカッションの4曲目、メカニカルなピアノからパーカッション、さらにベースが入って混沌と進む5曲目、ゆったりとした南洋のようなメロディで盛り上がる6曲目。(05年6月22日発売)

« スピリチュアル・モーメンツ/富樫雅彦 | トップページ | Complete Communion To Don Cherry/Aldo Romano »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/50647564

この記事へのトラックバック一覧です: 陽光/富樫雅彦/鈴木勲:

« スピリチュアル・モーメンツ/富樫雅彦 | トップページ | Complete Communion To Don Cherry/Aldo Romano »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト