私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Compost/Compost | トップページ | 謹賀新年/昨年の回顧 »

2010/12/31

Life Is Round/Compost

Compostlife
Compostの2作中2作目。この’70年代前半というのは、特にエレクトリック・ベースなどを使ったファンクミュージックがものすごい勢いで変化していった時代でもあり、前作に比べて、全体のサウンドが洗練されてきています。それでも’80年代のフュージョンミュージックと比べると、都会的なスマートさはなくて、やっぱり混沌とした部分はありますが。ヴォーカル入りの曲は少なくても、それでも3曲入っています。当時のサウンドで、このアルバムでもやりたいことを詰め込んだ感は否めません。ただ、ヴォーカル入りの曲は当時のソウル・ミュージック(私はほとんど聴いたことないですが)と比べて聴いても何か発見はあるのでは、とも思いますが。


Life Is Round/Compost(Wounded Bird)(輸入盤) - Released 1973. Jack DeJohnette(E-clavinet, Org, Ds, Chimes, P), Jack Gregg(B), Bob Moses(Ds, Vib, Clavinet, Org, Vo), Harold Vick(Ts, Fl, Per), Jumma Santos(Congas, Per, Ds), Roland Prince(G), Lou Courtney(Vo), Ed Finney(G, Per), Jeanne Lee(Vo) - 1. Seventh Period 2. Moonsong 3. Compost Festival 4. The Ripper 5. Buzzard Feathers 6. Changing Streams 7. Mon Cherry Popsicool 8. Restless Wave 9. Life Is Round

(10/12/30)ジャック・ディジョネット作は3曲(3、6、8曲目)に減り、他のメンバーの曲の割合が増えています。サウンド的にも、パーカッションが効いていながらも少し洗練されてきた感じで、聴きやすいです。ディジョネットは鍵盤楽器メインですが、5、8曲目ではボブ・モーゼスと入れ替わったり、4曲目ではJumma Santosがドラムスに入ったりと臨機応変。ギターも加入し、サックスもワウワウを使ったエレクトリック・サックスの曲もあったり(4-5、8曲目)と、当時の流行を取り入れているサウンドの曲も。ただし、全体的には聴きやすくなっています。2曲目のヴォーカル曲はメロディアスでメロウ。3曲目はタイトル通り明るいラテンビートの曲。ヴォーカル入りの曲は少なくなって、よりクロスオーヴァー的なサウンドに。いくぶんスマート。

« Compost/Compost | トップページ | 謹賀新年/昨年の回顧 »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/50438764

この記事へのトラックバック一覧です: Life Is Round/Compost:

« Compost/Compost | トップページ | 謹賀新年/昨年の回顧 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト