私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« モメント/日野皓正・菊地雅章クインテット | トップページ | Life Is Round/Compost »

2010/12/30

Compost/Compost

Compost
ジャック・ディジョネット参加作(リーダー作として掲載されているサイトもあります)としては’72年発売で時期的には重要なんだけれども、なぜか今までCD化されずにいました。彼の作品、ECMの諸作をはじめまだCDになってないのはいくつかあり、CD化されているのに初リーダー作の「The DeJohnette Complex」をまだ聴いていなかったりします。このアルバム、ヴォーカルの曲も多いし、ジャズ・ファンクというよりはもっとポップな路線の曲もあるしで、ジャズとして聴くには無理があるようです。まあ、CDの値段も安いので、流れとして押さえておくにはいいのかも、とは思いますが。過渡期の1枚という感じです。版権はSony Musicが持っています。


Compost/Compost(Wounded Bird)(輸入盤) - Released 1972. Jack DeJohnette(E-clavinet, Org, Ds, Vib), Jack Gregg(B), Bob Moses(Ds, Vo), Harold Vick(Ts, Fl), Jumma Santos(Congas, Per) - 1. Take Off Your Body 2. Thinkin' 3. Bwaata 4. Happy Peace 5. Country Song 6. Sweet Berry Wine 7. Funky Feet 8. Inflation Blues

(10/12/30)6-7曲目が5人の合作のファンク、1曲目がボブ・モーゼス作の他はジャック・ディジョネットの作曲または共作なので、実質的には彼がリーダーなのでしょう。ジャズ・ロックというかファンク・ロックという感じで、ヴォーカルの入っている曲も割とあるので、マイルス・バンド脱退以降、もっとポップでファンクな(と言いつつ今聴くと、パーカッションがやたらに効いたジャズ・ロックになっていますが)路線を目指していたと思います。電気楽器もパーカッションも騒がしい感じだし、ホーンも吹きまくりのところはあるしと、音的にはやや混沌としています。ドラムスはボブ・モーゼスの方がメインになっている感じ。3曲目はヴァイブラホンがメインの、やや牧歌的な明るいヴォーカル曲。少し洗練されてメロディアスなクロスオーバーの4曲目。

« モメント/日野皓正・菊地雅章クインテット | トップページ | Life Is Round/Compost »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/50438131

この記事へのトラックバック一覧です: Compost/Compost:

« モメント/日野皓正・菊地雅章クインテット | トップページ | Life Is Round/Compost »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト