私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« スリーピング・ウィズ・ガールズ/スティーヴン・ビショップ | トップページ | Chopin Meets The Blues/Peter Beets »

2010/11/02

The Complete Remastered Recordings on Black Saint & Soul Note - Enrico Pieranunzi

Enricocomplete
このBOXセットのシリーズも聴いたのはやっと3BOX。個人的にはあまりなじみのないエンリコ・ピエラヌンツィですが、これを機会にまとめ聴きをしてみました。やはりエヴァンス派ですねえ、と同時に、澤野のアーノルド・クロスのようにビル・エヴァンスにべったりという感じではなくて、もっとカチッとしたイメージと、ハードな曲もカチッとしたままこなしてしまう、けっこう好みのタイプのピアニストだということが分かりました。マーク・ジョンソンとジョーイ・バロンとのトリオが今までもけっこう印象的だったのですが、マーク・ジョンソン+他のドラマーというケースもいくつかあるみたいだし、他のベース、ドラムスでもけっこう聴かせてくれます。皆が話題にするピアニストなのも、納得です。4枚目はポール・モチアンBOXの6枚目と同じアルバムでした。


The Complete Remastered Recordings on Black Saint & Soul Note - Enrico Pieranunzi - 6CD Set(Black Saint/Soul Note - Cam Jazz)(輸入盤)
Isis/Enrico Pieranunnzi(P) Quartet & Quintet Featuring Art Farmer(Flh) - Recorded February 9 and 11, 1980. Massimo Urbani(As), Furio Di Castri(B), Roberto Gatto(Ds) - 1. Isis 2. Ah-Leu-Cha 3. Love Walked In 4. Blue 'N' Boogie 5. Soul Dance 6. Nancy 7. Au Privave 8. Little Moon

Deep Down/Enrico Pieranunzi(P), Marc Johnson(B), Steve Houghton(Ds) - Recorded February 26 and 27, 1986. - 1. I Don't Forget The Poet 2. Ev'rything I Love 3. We'll Be Togehter Again 4. Someday My Prince Will Come 5. Dee Song 6. Our Romance 7. TTT(Twelve Tone Tune) 8. Antigny 9. Evans Remembered

No Man's Land/Enrico Pieranunzi(P) Trio - Recorded May 3 and 4, 1989. Marc Johnson(B), Joey Baron(Ds) - 1. No Man's Land 2. Border Line 3. If I Should Lose You 4. Blues In C 5. Land Breeze 6. The Man I Love 7. My Funny Valentine 8. Chimere

Flux And Change/Enrico Pieranunzi(P)/Paul Motian(Ds) - Recorded Augusat 27, 1992. - Suite No.1: 1. Hazard Rate 2. What Is This Thing Called Love? 3. Double Act 1 4. Abacus 5. Pianologue 1 6. Someday My Prince Will Come 7. Drumlogue 1 8. Double Act 2 9. When I Fall In Love 10. Double Act 3 11. Drumlogue 2 12. Things Ain't What They Used To Be Suite No.2: 13. Sweet Little Swan 14. The Inch Worm 15. Double Act 4 16. All The Thing You Are 17. For Your Peace Suite No.3: 18. Drumlogue 3 19. St. Thomas 20. Freedom Jazz Dance 21. Alice In Wonderland 22. Anthropology 23. Straight No Chaser

Seaward/Enrico Pieranunzi(P) Trio - Recorded March 3 and 4, 1995. Hein Van De Geyn(B), Andre' Ceccarelli(Ds) - 1. Seaward 2. L' Heure Oblique 3. Straight To The Dream 4. Footprints 5. The Memory Of This Night 6. Yesterdays 7. Je Ne Sais Quoi 8. This Is For You/But Not For Me 9. Key Words 10. I Hear A Rhapsody 11. What You Told Me Last Night

Ma L'amore No/Enrico Pieranunzi(P, Vo on 1) Trio Ada Montellanico(Vo) - RecordedFebruary 16 and 17, 1997. Piero Leveratto(B), Mauro Beggio(Ds), Lee Konitz(As on 2,5-6,8-9, 11), Enrico Rava(Flh on 3, 7) - 1. Amore Fermati 2. Fascinating Rhythm 3. Ma I'amore No 4. Averti Tra Le Braccia 5. Non Dimenticar... (Le Mie Parole) 6. If You Turn Away/Who Can I Turn To? 7. Le Tue Mani 8. Amore Baciami 9. But Not For Me 10. The Fool On The Hill 11. Averti Tra Le Braccia

(10/11/02)元は全部Soul Noteからの発売。どのアルバムも適度にジャズメン・オリジナルやスタンダードを配分していて、聴きやすい。エンリコ・ピエラヌンツィはカチッとしたタイプですが、耽美派な場面もあるけれど、時に意外に芯がある感じの演奏。ハードな演奏も聴かせます。ここでは2枚目のマーク・ジョンソンとジョーイ・バロンとの演奏に注目で、今後、このメンバーで他レーベルも交えて続きます。なかなかベストな組み合わせなのでは。とは言うものの、どんなメンバーでもちゃんと聴かせてしまう(1、3、5-6枚目)あたり、けっこうやり手ですね。ポール・モチアンとのデュオの4枚目は、ライヴの演奏でフリーな場面もあるし、短い曲を立て続けに演奏して、60分強で24曲を詰め込んでいます。6枚目はヴォーカル・アルバムです。

« スリーピング・ウィズ・ガールズ/スティーヴン・ビショップ | トップページ | Chopin Meets The Blues/Peter Beets »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/49914642

この記事へのトラックバック一覧です: The Complete Remastered Recordings on Black Saint & Soul Note - Enrico Pieranunzi:

« スリーピング・ウィズ・ガールズ/スティーヴン・ビショップ | トップページ | Chopin Meets The Blues/Peter Beets »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト