私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 東風(こち)/ウィッシズ | トップページ | 「JAZZ PERSPECTIVE Vol.1」 »

2010/11/25

Silver Pony/Cassandra Wilson

Cassandrasilver
久しぶりの新譜です。カサンドラ・ウィルソンは以前から好きなヴォーカリストだったですけど、人気が出過ぎてしまって、ちょっと引いて見ていた部分はありました。でも、最新作を聴いても、やっぱり好きなんですよね。バックミュージシャンを含めて、彼女独自のサウンドが出来上がっていて、本質はジャズなんだけれども、ジャズを自然に飛び越えてしまっているところがあります。まあ、これはノラ・ジョーンズ以降、Blue Noteレーベルだけでなくて、他のレーベルにも波及してしまったことではありますが。このアルバム、ジャズファンだけレはなくて、ポップスファンにもウケそうですね。10曲目の「ブラックバード」もかなり個性的。しばらくは何度も聴くことになりそうです。


Silver Pony/Cassandra Wilson(Vo, Synth on 4, Bass Drum on 11)(Blue Note)(輸入盤) - Released 2010. Marvin Sewell(G), Reginald Veal(B on 1-2, 4-10), Herlin Riley(Ds on 1-5, 7-10), Jonathan Batiste(P), Lekan Babalola(Per on 2-5, 7-10), Ravi Coltrane(Ts on 4), Helen Gillet(Cello, Vielle on 11), John Legend(Vo on 11, P on 11), Luke Laird(G on 11), Brandon Ross(G on 11) - 1. Lover Come Back To Me 2. Went Down To St. James Infirmary 3. A Night in Seville 4. Beneath A Silver Moon 5. Saddle Up My Pony 6. If It's Magic 7. Forty Days And Forty Nights 8. Silver Pony 9. A Day In The Life Of A Fool 10. Blackbird 11. Watch The Sunrise

(10/11/24)ライヴとスタジオ録音が混在。彼女らの合作が3曲(3-4、8曲目)あり、スタンダード、ポップス(スティーヴィー・ワンダーやビートルズ)、ボッサなどが色々混ざっていますが、スタイルもサウンドも、もうカサンドラ・ウィルソンのサウンドと言ってもいいのかと思えるほど。彼女の歌唱法も思いっきり個性のあるジャズですし。ジャズといえばかなりジャズなのだけれども、それを飛び越えた表現の部分もあって、まさにワン・アンド・オンリーの世界を築きつつあります。彼女を支えているメンバーがいいということもありますが。ギタリストのマーヴィン・スーウェルがジャズ畑よりもブルースに近いような気がして、その効果もあるかも。8曲目のタイトル曲は小品だけども、それなりに存在感があります。ポップスでも人気があるかも。

« 東風(こち)/ウィッシズ | トップページ | 「JAZZ PERSPECTIVE Vol.1」 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
前作「Cassandra Wilson/Loverly」に引き続き、本作もかなり気に入りました。(どちらもヴォーカルものとしては珍しく5つ星です)
長年一緒にやっていたプラキシコが不参加だったので、聴く前はちょっと心配したのですが、サウンドが大きく変わることはなかったのがなによりでした。
おかげで今回もまたバンド感覚で楽しむことができました。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

一時期のこれでもかというくらいダークな雰囲気は影をひそめて、聴きやすい(クセはありますけど)サウンドになっているのはいいですね。でも彼女ならではの個性的なサウンドで、あちこちのライヴやスタジオ録音を集めたのに、統一感があったのも良かったです。

工藤さん、こんばんは。帰国致しました。TBありがとうございました。

このアルバム、私にはフィット感絶大で、最高レベルの評価をしたくなりました。

ということで、こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

やっぱり、ジャズを飛び越えてしまって、彼女の音楽になっているところがいいですよね。春に発売予定だったものをわざわざ遅らせて出したのは、どういうわけだったんだろう、とも思いますが、その答えはアルバムの中にあります、って感じの返事が返ってきそうです。

カサンドラは何となく苦手意識があって、最近アルバムを買いそびれてたのですが、、
これは、聴いたら一発で陥落。

ブログにあげるには、いろいろあったので時間がたってしまいましたが、、もっと、話題になってほしいアルバムですね。
どの曲も素敵だった。。

トラバしました。

>すずっくさん

TBどうもありがとうございます。

今回のアルバムはやたらダークな方面だけに行くということもなく、ジャズという範囲を飛び越えて、まさに彼女の世界、というような感じで良かったでした。ヴォーカリストを追いかけることは多くないですけれども、次もまた、と思う人です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/50127043

この記事へのトラックバック一覧です: Silver Pony/Cassandra Wilson:

» Cassandra Wilson / Silver Pony [Jazz&Drummer]
Cassandra Wilson(Vo, Syn, Bass Drum) Marvin Sewell(El-G, Ac-G) Reginald Veal(Ac-B, El-B) Herlin Riley(Ds) Jonathan Batiste(P) Lekan Babalola(Per) Ravi Coltrane(Ts)4, Helen Gillet(Cello... [続きを読む]

» やっぱりCassandra Wilsonは最高だっ! [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Silver Pony Cassandra Wilson(Blue Note) Cassandra WilsonつながりのMarvin Sewellが参加したKellylee Evansのアルバムを昨 [続きを読む]

» SilverPony/CassandraWilson [MySecretRoom]
青い空と同じくらい、ピンクが好きなことに最近になって気がついた。。でも、生まれてから今まで、、とってもおてんばに育ってしまったので、、ピンクのように「女、女した色」は何... [続きを読む]

« 東風(こち)/ウィッシズ | トップページ | 「JAZZ PERSPECTIVE Vol.1」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト