私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ドリームス/デイヴ・バレル/吉沢元治 | トップページ | ソング・オブ・パット/中村達也 »

2010/11/17

アウトフィット/吉沢元治

Yoshizawaoutfit
「70年代日本のフリージャズを聴く!」5日目。偶然にも吉沢元治氏関連のアルバムが3日続いてますが、シリーズの連番ではなくて、たまたま聴いてなかった飛び飛びの番号順で続いてしまった、っていうことです。ベース・ソロでのライヴということで、けっこうアルバム1枚分もたすのは大変だと思います。でも、さまざまな奏法や表現方法を駆使して、素晴らしい仕上がりになっています。当時はいろいろなフリージャズがあって、中にはどうかなあ、という内容のものもあったのかもしれませんが、あえて今世紀に入ってから昔のアルバムを再発するだけのことはあるなあ、とおもいました。聴く人を選ぶかもしれませんけど。


アウトフィット/吉沢元治(B)(P.J.L.)
Outfit/吉沢元治(B)(P.J.L.) - Recorded September 29 and November 7, 1975. - 1. Outfit 1/Spiral 2. Beans Dance 3. Hiccup 4. Distance 5. Crossings 6. Soft Nothings 7. Ryuren<流連> 8. Outfir/Rota

ソロでのライヴ。全8曲が吉沢元治の作曲となっているのですが、フリー・インプロヴィゼーションでしょう。アルコ奏法、ピチカート奏法その他いろいろな方法でベースという楽器の音を出し、表現しています。メロディというよりは非メロディ系というか、そちらが中心ですけれども、ここでもベースとは思えないような高音域も出したりして、スゴい技を見せています。ベース1台ということで、スペイシーな感じもある反面、あえてそれ1台で空間を埋め尽くすような音を出している場面もあり、かなり表現の幅が広いです。ベースもかなりいい楽器を使っているのでしょう。その楽器の持つ能力を、極限まで引き出そうというというようなパフォーマンスがスゴいです。抽象的な方に属するフリージャズですけど、まさに’70年代のジャズ表現かと。(04年2月18日発売)

« ドリームス/デイヴ・バレル/吉沢元治 | トップページ | ソング・オブ・パット/中村達也 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/50045182

この記事へのトラックバック一覧です: アウトフィット/吉沢元治:

« ドリームス/デイヴ・バレル/吉沢元治 | トップページ | ソング・オブ・パット/中村達也 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト