私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« サブ=メッセージ・トゥ・シカゴ/豊住芳三郎 | トップページ | インランド・フィッシュ/吉沢元治 »

2010/11/14

イン・メールス’81/井上敬三

Inoueinmoers
「70年代日本のフリージャズを聴く!」2日目。このアルバムの録音は’81年になっていますけれど、フリージャズ的な本質はここでも’70年代と同じような気がしますので、これも一緒に入れていいかと思います。自分がフリージャズ(フリー・インプロヴィゼーション)の免疫がついたのは、やはりECMの初期などのアルバムの効果が大きいと思います。ただ、普通のジャズと違って、どれが良くてどれが悪いのかの審美眼はまだまだこれからじゃないかと思うので、このシリーズを聴き終えた時に、どうなっているか、ですね。まあ、このあたりは、かなり聴く人を選ぶアルバム、ということでくくられてしまうのですが、エネルギーとしては、スゴいです。


イン・メールス’81/井上敬三(Cl、Acl、Blockflote、As、Per)(P.J.L.)
In Moers '81/井上敬三(Cl、Acl、Blockflote、As、Per)(P.J.L.) - Recorded June 7 and 8, 1981. Gunter Christmann(Tb, B on 4-18), Paul Lovens(Per on 4-18) - 1. Himmel 2. Wasser 3. Feuer 4-18. Passionato 1-15

ライヴ録音。作曲者名のクレジットがないのでフリー・インプロヴィゼーションで通しているのでしょう。また、初CD化に際して、未発表音源を追加しています。4-18曲目が、パシオナート1-15という一連のインプロ。ソロでの曲(1-3曲目)も、時に方向を見せつつ、日本らしい空間と間も生かして、しかも一人でパーカッションなどの楽器や管楽器を使い分けながら、彼ならではの空間を創造しています。当時59歳ということですが、長時間ソロでのバイタリティあふれる演奏を聴かせるところなど、年齢というものを感じさせない演奏です。ライナーのクレジットでは3-4曲目に他の2人が参加とありますが、これはLPの時のもので、4-18曲目(2人ともは全てではないと思いますが)でしょうか。かなり緊張感のあふれる演奏が続いていきます。(03年10月22日発売)

« サブ=メッセージ・トゥ・シカゴ/豊住芳三郎 | トップページ | インランド・フィッシュ/吉沢元治 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/50017558

この記事へのトラックバック一覧です: イン・メールス’81/井上敬三:

« サブ=メッセージ・トゥ・シカゴ/豊住芳三郎 | トップページ | インランド・フィッシュ/吉沢元治 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト