私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Chopin Meets The Blues/Peter Beets | トップページ | Live At The Village Vanguard Volume 3/Paul Motian Trio 2000 + Two »

2010/11/04

Kuara - Psalms And Folk Songs/Markku Ounaskari/Samuli Mikkonen/Per Jorgensen

2116
ECMレーベルで1枚だけ届きました。ジャズかといえばこのアルバムはインプロヴィゼーションがあるのでジャズなんですけど、旧ソ連のあちこちの讃美歌や民謡を題材に演奏をしている時点で、しかもサウンド(特にトランペットやヴォイス)に民族的なものも感じられるので、民族音楽の分野にも入れられそうですね。ただ、演奏にはECM的なインプロヴィゼーションも入っていて、そのあたりが微妙な位置付けです。聴く人を選ぶかもしれませんが、こういうECMでなければ出さないような題材なのは珍しく、聞いたこともないような国、地方の民謡のエッセンスを聴けたのも、まあ、出会いなんでしょうね。


Kuara - Psalms And Folk Songs/Markku Ounaskari(Ds)/Samuli Mikkonen(P)/Per Jorgensen(Tp, Voice)(ECM 2116)(輸入盤) - Recorded May 2009. - 1. Polychronion 2. Psalm CXXI 3. Tuuin Tuuin 4. Aallot 5. Introit 6. Pitka Pajo 7. Introit/Changing Paths (1) 8. The Gypsy's Store 9. Pikkumetsa 10. Soldat Keljanhur 11. Mountain Of Sorrow 12. Introit/Changing Paths (2) 13. Sjuan Mad' 14. Sjuan Gur

(10/11/03)2、8-9、11曲目と、7、12曲目後半がメンバーの作曲の他は、ロシアの讃美歌(1、5曲目、7、12曲目後半)、カレリア民謡(3曲目)、ヴェプス民族の民謡(6曲目)、ウドマルト民謡(10、13-14曲目)。旧ソヴィエト関係の曲が多いです。ECMらしい静かな、ときにふつふつとしたインプロヴィゼーションのやり取りがありますが、雰囲気としては、淡々と民謡のメロディやその周辺をたどることもあって、なかなかにエキゾチック。トランペットが民族楽器的。讃美歌や民謡に題材をとったアルバムとしては、 ECMならではの研ぎ澄まされたインプロヴィゼーションの世界がひろがります。編成もベースレスということもあって、しかもトリオとは限らない演奏で、より繊細に、温度感が低く、時にゆったりとした時間が流れていきます。

« Chopin Meets The Blues/Peter Beets | トップページ | Live At The Village Vanguard Volume 3/Paul Motian Trio 2000 + Two »

ECM2102-2150番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/49933599

この記事へのトラックバック一覧です: Kuara - Psalms And Folk Songs/Markku Ounaskari/Samuli Mikkonen/Per Jorgensen:

« Chopin Meets The Blues/Peter Beets | トップページ | Live At The Village Vanguard Volume 3/Paul Motian Trio 2000 + Two »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト