私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Giya Kancheli/Themes From The Songbook/Dino Saluzzi/Gidon Kremer/Andrei Pushkarev | トップページ | The Complete Remastered Recordings on Black Saint & Soul Note - Paul Motian »

2010/10/24

Live As Always/The Dave Liebman Big Band

Daveliveas
デイヴ・リーブマンはリーダー作や共演作で次々とアルバムを発表しているので、全然追いついていかないのですが、それでも何とか少しでも買っています。このアルバムはビッグ・バンド作。やはりこれも時代の流れで、昔みたいなグレン・ミラー楽団とかのスイング・ジャズとは違って、ビッグ・バンドのアレンジも、演奏するにも聴くにも難しい時代になってきてます。個人的にはこういう流れは大歓迎ではありますが、4ビートでもなく、昔懐かしいホーン・サウンドもチョロッとでてくるだけで、時にクラシックや現代音楽を聴いている気分にもなるので、やはり聴く人を選ぶ時代になって来てしまったかな、とも思います。このアルバムではリーブマンのソロが中心ですが、他の人のソロも多少入っています。


Live As Always/The Dave Liebman(Ss, Wooden Fl) Big Band(Mama Records)(輸入盤) - Recorded October 13, 2005 and April 7, 2007. Gunnar Mossblad(As, Ss, Fl, Cl), Charles Pillow(As, Oboe, Fl), Dave Riekenberg(Ts, Fl, Cl), David Lown(Ts, Cl), Jay Brandford(Bs, Bcl on 1-2, 4, 6), Chris Karlic(Bs, Bcl on 3, 5), Danny Cahn(Tp, Flh), Bob Millikan(Tp, Flh), Dave Ballow(Tp, Flh), Patrick Darian(Tp, Hlf), Tim Sessions(Tb), Scott Reeves (Tb, Aflh), Sam Burtis(Tb), Jeff Nelson(Btb), Jim Ridi(P, Synth), Vic Juris(G), Tony Marino(B), Mark Maechinko(Ds) - 1. A Bright Piece 2. As Always 3. Anubis 4. New Breed 5. Philippe Under The Green Bridge 6. Turn It Around

(10/10/23)全曲デイヴ・リーブマンの作曲。5人のアレンジャーでのスコアで、編成はオーソドックスなビッグ・バンドながら、サウンドはシャープなところもあったり、木管に持ちかえたり、現代的なジャズっぽくない一面もあって、起伏に富んでいます。映画音楽のようにしっとりとはじまったと思ったら、ノリの良い速いパッセージのメロディで自在にサウンドが変化していく1曲目、クラシック的に柔らかく包み込まれるようなサウンドの盛り上がりのあるバラードの2曲目、ウッド・フルートからはじまるドラマチックな構成で少しエキゾチックな14分台の3曲目、これまた緩急自在でシャープなジャズのカッコ良さも聴かせる4曲目、ビッグバンドにしてはけっこう内省的なバラードの5曲目、キレのいいリズムに乗って中盤で盛り上がっていく6曲目。

« Giya Kancheli/Themes From The Songbook/Dino Saluzzi/Gidon Kremer/Andrei Pushkarev | トップページ | The Complete Remastered Recordings on Black Saint & Soul Note - Paul Motian »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。

リーブマンのビッグバンド作品はこれが初体験だったのですが、私としてはこの後にリリースされた「Richie Beirach & Dave Liebman & Frankfurt Radio Bigband / Quest for Freedom」の方が良く感じました。
まあリーブマン自体はどちらも素晴らしいのですが、基本的にワンマンな演奏はそんなに好まないこともあり、聴き終わった後にはなんとなくもやもやしたものが残ってしまいました。
同じ理由でカート・ローゼンウィンケルのビッグバンド盤も、全面的には共感できなかったです。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

私もどちらかというと「Richie Beirach & Dave Liebman & Frankfurt Radio Bigband / Quest for Freedom」の方が、以前聴いていたQuestの香りもあるのでインパクトが強いかもしれません。

ただ、こちらの方も彼らしい演奏だな、という感じはしています。最近の多作状況は、どうしたもんだか、と思いますけど。追いかけきれてませんです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/49820467

この記事へのトラックバック一覧です: Live As Always/The Dave Liebman Big Band:

» The Dave Liebman Big Band/Live As Always [Jazz&Drummer]
Dave Liebman(Ss, Wooden-Fl, Composer), Gunnar Mossblad(Director, As, Ss, Fl, Cl),Dharles Pillow(As, Oboe, Fl), Dave Riekenberg(Ts, Fl, Cl), David Lown(Ts, Cl),Jay Brandford(Bs, B-Cl)1,2,4,6, Chris ... [続きを読む]

« Giya Kancheli/Themes From The Songbook/Dino Saluzzi/Gidon Kremer/Andrei Pushkarev | トップページ | The Complete Remastered Recordings on Black Saint & Soul Note - Paul Motian »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト