私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Triveni/Avishai Cohen | トップページ | The Rub And Spare Change/Michael Formanek »

2010/10/13

Far Side/Roscoe Michell And The Note Factory

2087
ECMレーベルがまた少しずつ届きはじめました。今日のアルバムは強烈です。ECMとはいいながら、スティーヴ・レイクがアルバム・プロデュースをしているフリージャズ(いちおう作曲者はロスコー・ミッチェルですが)の世界。その方面に免疫のできていない人は覚悟を持って聴かないと、イタいめにあいます(笑)。ここに、クレイグ・テイボーンとか、ヴィジェイ・アイヤーとか知っている名前を見つけたからといっても、彼らの色ではなくて、あくまでもロスコーのフリーの世界の味付けなので、うかつに手を出さない方がいいのかも。ここまでやってくれると、最近こういうフリーをあまり聴いてないので、痛快ではありますが。かなり聴く人を選ぶアルバムでは。


Far Side/Roscoe Michell(Sax, Fl) And The Note Factory(ECM 2087)(輸入盤) - Recorded March 17, 2007. Corey Wilkes(Tp, Flh), Craig Taborn(P), Vijay Iyer(P), Jaribu Shahid(B), Harrison Bankhead(B, Cello), Tani Tabbal(Ds), Vincent Davis(Ds) - 1. Far Side / Cards / Far Side 2. Quintet 2007 A For Night 3. Trio Four For Eight 4. Ex Flover Five

(10/10/13)ライヴ。全曲ロスコー・ミッチェルの作曲。かなりフリーに近い作品だし、スティーヴ・レイクのアルバム・プロデュースが入っているので、ECMとしてはけっこう硬派。基本は2ピアノ、2ベース、2ドラムスのようです。1曲目は31分ほどあって、出だしの部分が流れていくような静かなフリー、そして、訥々とした内省的なフレーズが静かな中に続いていき、中盤以降ギャロンギャロンと延々と盛り上がりがあって、これでもか、とフリーで攻めていきます。間合いのある唐突なテーマから、静かで重厚なやり取りが続いて徐々に盛り上がる2曲目、語りあいのフレーズが続いていくような、静かな無機的なフレーズが応酬していく3曲目、前後にややアピールするテーマを持ってきて、中盤部には混沌としつつ盛り上がる部分もある4曲目。

« Triveni/Avishai Cohen | トップページ | The Rub And Spare Change/Michael Formanek »

ECM2051-2101番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/49731827

この記事へのトラックバック一覧です: Far Side/Roscoe Michell And The Note Factory:

« Triveni/Avishai Cohen | トップページ | The Rub And Spare Change/Michael Formanek »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト