私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Live/Geri Allen & Timeline | トップページ | アワー・シークレット・ワールド/カート・ローゼンウィンケル&OJM »

2010/09/17

Empire/Scott Colley

Scottempire
このアルバムのメンバーを見ると、なかなかスゴいです。とは言うものの、演奏内容はどちらかというと空間的で幽玄な場面が多く、アグレッシヴな部分は少しあっても、4ビートもないし、ハードドライビングという風にはなりません。そのあたりが好き嫌いの分かれ目になると思うんですけれども。この奥深さは個人的にはかなり好きで、ECMにある程度通じるところがあると思うんですよね。ビル・フリゼールは全曲には参加していないけれども、存在感があるし。彼ほどジャズとは対極のサウンドを奏でながらも、それでもジャズのスピリットを感じない人はいないだろうとは思います。地味かも知れないけれど、いいと思うアルバム。


Empire/Scott Colley(B)(Cam Jazz)(輸入盤) - Recorded June 1 and 4, 2009. Ralph Alessi(Tp), Brian Blade(Ds), Bill Frisell(G), Craig Taborn(P) - 1. January 2. The Gettin Place 3. For Sophia 4. 5:30 am 5. Speculation 6. Tomorrowland 7. Now What? 8. Gut 9. Five-two 10. Five-two.2

(10/09/16)全曲スコット・コリーの作曲。スゴいメンバー。皆個性的なので独特なサウンドだけれども、その中でもビル・フリゼールの存在感が大きいです。ただ、全員が全曲に参加してはいないです。4ビートにはならず、ジャズっぽくないドラマチックな仕上がりに(5曲目)なっていて、曲によりカントリー的とでもいうのか、時に哀愁が漂いつつ、時にカラッとした懐かしい香りが漂っています(1、3曲目)。それでいてアグレッシヴな曲もある(2曲目)のが、彼ならではの個性か。それでも細かい部分はキメがあるようで、曲作りの緻密さも感じられます。変拍子もあったり、空間的で浮遊感のある演奏の場面(6曲目)も目立ちます。その空間とややアグレッシヴさを行ったり来たりするのが4、7、9-10曲目。哀愁の8曲目。地味な印象も。

« Live/Geri Allen & Timeline | トップページ | アワー・シークレット・ワールド/カート・ローゼンウィンケル&OJM »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。

これまでのコリーのリーダー作の路線とはだいぶ違ってましたが、これはこれでけっこう気に入りました。
フリゼールは、わたし的には久しぶりだったのですが、相変わらずいい味出してますね。
また個性ではフリゼールに負けていないアレッシのプレイも素晴らしかったです。
もちろんコリーもブレイドも最高でしたが、ケヴィン・ヘイズのトラで参加した(?)タボーンの見せ場だけは、もう少しあってもいいかなと思いました。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

スコット・コリーの参加作、ブログにもけっこう出てますけど、リーダー作はCriss Crossのものだけ聴いていたと思います。なので他との比較はできないのですが、これはメインストリームではないにしろ、メンバーも演奏もいいですね。静かな場面が多い割にはインパクトが大でした。

聴きどころをうまく掴めれば良いアルバムだと認識できるのですが、
的はずれに聴いていると、なんじゃこりゃ? になる恐れを持ったアルバムかなぁという印象でした。


TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

確かに、好きな人にはいいアルバムだけれども、そうでない人には地味なアルバムだなあ、という印象を持たれかねないサウンドではありますね。メンバーは非常にそそられるのですが。

工藤さん

こんばんは。
昨日はとんでもないPC災難にみまわれてしまいました(笑)。

さて、このアルバムですが、工藤さんがブログにかかれている通りだと思います。
この手のメンバーらしいサウンドで、単なるハード・バップからは遠いところにあるので、こういうのを推薦するのって難しいですよね。
Oza。さんも書かれていますが、聴きなれない人にはなかなか良さを掴みずらいものだろうと思います。
いいんですけどね。

CAM JAZZの前作『アーキテクト・オブ・ザ・サイレント・モーメント』も良かったですよ。このアルバムのメンバーからビルフリが抜けて、ドラムがアントニオ・サンチェスに交代して、今時ジャズをやています。

TBさせていただきます。

>いっきさん

昨日はPC、大変だったみたいですね。TBどうもありがとうございます。

このアルバムは地味ながらも、聴けば聴くほど味が出る感じで、でも人によっては好き嫌いは出てくるかもしれないなあ、と思いつつ聴いてました。個人的にはビル・フリ万歳って感じが強かったです。

この前のアルバムもメンバーが良さそうですね。機会があったら聴いてみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/49474348

この記事へのトラックバック一覧です: Empire/Scott Colley:

» Scott Colley / Empire [Jazz&Drummer]
Scott Colley(B) Ralph Alessi(Tp)1,2,3,4,7,8,10 Brian Blade(Ds)2,3,4,5,7,9 Bill Frisell(G)1,2,3,6,7,9,10 Craig Taborn(P)4,5,9,10 Rec. June 1 & 4, 2009, NY (Cam Jazz CAM5036) 前作「Sc... [続きを読む]

» Scott Colley Empire [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
最近、良いと思ったアルバムに参加している頻度の高いベーシストScott Colleyのリーダー作です。 過去に彼のリーダー作はThis Place()を文章化しています。 Architect of the silent moment(http://www.hmv.co.jp/product/detail/2512991)は、なぜか文章化してませんが持ってるはず。 本作品のメンツは以下の通り。なかなか一筋縄ではいかなさそうな面容でありますね..... [続きを読む]

» これも地味渋だな~。でも深い。 [「いっき」のJAZZあれこれ日記(ブログ)]
今日は新譜紹介です。とは言っても、いつものようにだいぶ時は過ぎていますが。チェッ [続きを読む]

« Live/Geri Allen & Timeline | トップページ | アワー・シークレット・ワールド/カート・ローゼンウィンケル&OJM »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト