私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Contact/Five On One | トップページ | African Piano/Dollar Brand »

2010/07/04

The Call/Mal Waldron

60001
’06年4月にECMの傍系レーベル、JAPOレーベルから世界初CD化で5枚の国内盤紙ジャケが発売されたので、順番に聴いて行きたいと思います。マル・ウォルドロンは、ECMでもJAPOでもEnjaでも、レーベル第1号の発売のミュージシャンだったということでも有名ですけれど、いちばん異色なのがこのアルバムではないかと思います。当時のLPで片面1曲ずつの2曲で、しかもエレキピアノを弾いています。当時のジャズロックの影響をモロに受けていて、コード一発の長尺な演奏というのは当時の流行だったと思います。やはりそういうマニアックな演奏だっただけに、今回の世界初CD化、ということになったのだろうと思いますが。


The Call/Mal Waldron(P)(JAPO 60001) - Recorded Fabruary 1, 1971. Jimmy Jackson(Org), Eberhard Weber(B), Fred Braceful(Ds) - 1. The Call 2. Thoughts

JAPOレーベル第1作目で、アルバムにたった2曲。そして2曲ともマル・ウォルドロン作だけれども、エレキピアノを使用しています。当時としてはジャズ・ロックの影響もあったのでしょうが、彼にしては革新的なサウンドのアルバム。1曲目も出だしから威勢の良いワン・コードの8ビートが繰り出されていて、エレキピアノやオルガンがガンガン前に進んでいく感じ。ベース・ソロやドラム・ソロで多少静かになったり、起伏はありながらも、こういう調子で18分間も費やすサウンドは当時の特徴と言えば特徴か。2曲目は内向的でエキゾチックな感じの、タイトルどおり思索的な面もある曲。メインの部分に入ってくると、ややゆったりめの1コードのジャズ・ロックという曲調になっていきます。中盤あたりでは静かめのフリーでの展開に。(06年4月19日発売)

« Contact/Five On One | トップページ | African Piano/Dollar Brand »

JAPOレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60509557

この記事へのトラックバック一覧です: The Call/Mal Waldron:

« Contact/Five On One | トップページ | African Piano/Dollar Brand »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト