私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« アンノウン・スタンダード/デヴィッド・マシューズ・トリオ | トップページ | アメリカン・パイ/デヴィッド・マシューズ・トリオ »

2010/07/30

テネシー・ワルツ/デヴィッド・マシューズ・トリオ・フィーチャリング・ジョン・スコフィールド

Davidtenne
デヴィッド・マシューズ・トリオ聴き4日目。このアルバムから、純粋にトリオではなくて、何曲かにゲストが加わるようになります。ゲストによってけっこう変化がついて、聴いていて面白いですね。しかも、今になってみればビッグ・ネームばかりだし。ボトムの2人も交代して、サウンド的にも変化がありました。やはりスタンダードやジャズメン・オリジナルが中心ですけれども、マシューズのオリジナルを必ず入れておくというのは、彼ならではのこだわりだと思います。それらの曲が、既成の曲と調和して溶け込んでいて、オリジナルでも違和感なく聴けるところがいいですね。ここではジョン・スコフィールドが何曲かの出番のソロで、やりたいように弾いているので、彼のファンも気になるアルバムでは、と思います。


テネシー・ワルツ/デヴィッド・マシューズ(P)・トリオ・フィーチャリング・ジョン・スコフィールド(G)(Paddle Wheel)(中古盤)
Tennessee Waltz/David Matthews(P) Trio Featuring John Scofield(G)(Paddle Wheel)(中古盤) - Recorded September 6 and 11, 1989. Chip Jackson(B), Danny Gotlieb(Ds) - 1. Tennessee Waltz 2. Something 3. Soul To Soul 4. I Got Rhythm 5. A Child Is Born 6. Dolphin Dance 7. Autumn Sunset

(10/07/29)デヴィッド・マシューズの作曲は2曲(3、7曲目)で、ゲストのジョン・スコフィールドは1-2、4曲目に参加。トリオにゲストを加えるシリーズはここからはじまっていきます。メンバーも変わって、少し重量が増したかな、という印象です。1曲目(参加曲はおおむねそう)では、バッキングではギターはほとんど弾かないで、ソロの場面になるとここぞとばかりに弾きまくるというやり方。2曲目はビートルズのポップス。いわゆるニュースタンダードですが、適度に4ビートになりつつ、出だしは控えめ、中盤以降盛り上がっていきます。8ビートのファンク調で渋いオリジナルを聴かせてくれる3曲目、アップテンポでコロコロと転がるようなフレーズで明るく聴かせてくれる4曲目。しっとりと淡彩色のイメージを持つバラードが心地良い7曲目。

« アンノウン・スタンダード/デヴィッド・マシューズ・トリオ | トップページ | アメリカン・パイ/デヴィッド・マシューズ・トリオ »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/49004911

この記事へのトラックバック一覧です: テネシー・ワルツ/デヴィッド・マシューズ・トリオ・フィーチャリング・ジョン・スコフィールド:

« アンノウン・スタンダード/デヴィッド・マシューズ・トリオ | トップページ | アメリカン・パイ/デヴィッド・マシューズ・トリオ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト