私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ワルツ・フォー・デビー/デヴィッド・マシューズ・トリオ | トップページ | テネシー・ワルツ/デヴィッド・マシューズ・トリオ・フィーチャリング・ジョン・スコフィールド »

2010/07/29

アンノウン・スタンダード/デヴィッド・マシューズ・トリオ

Davidunknown
デヴィッド・マシューズ・トリオ聴き3日目。同じメンバーの3作目で、今後、ドラムスやベースがアルバムことに入れ替わっていくことになったり、ゲストのミュージシャンが入ってきたりするようになります。やはりピアノはセンスがいいですね。彼はアレンジャーの仕事が多かったので、頭の中で全体のサウンドを組み立てておいて、それを他の楽器に指示、そして録音という形をとっているのではと思います。せーの、という状況ではなさそうです。だから洗練されていて、それが聴く人の好みにも影響してきそうですけれども。今回は有名なスタンダード集ではないですけど、そういう意味で、ピアノ・トリオを曲も含めて楽しむことができました。


アンノウン・スタンダード/デヴィッド・マシューズ(P)・トリオ(Paddle Wheel)(中古盤)
Unkown Standard/David Matthews(P) Trio(Paddle Wheel)(中古盤) - Recorded July 17 and 18, 1989. Michael Moore(B), Dave Weckl(Ds) - 1. Snowflake Bop 2. Weep No More 3. The Peacocks 4. Russian Lullaby 5. Memories Through Thick Glasses 6. So Sorry Please 7. Clouds 8. Don't Walk Away 9. Why Do I Care 10. Nuages

(10/07/28)隠れ名曲を中心にレコーディングしたアルバムとのことで、通好みの選曲や意外なヴァージョンを元にした演奏が中心。デヴィッド・マシューズの作曲も2曲(2、8曲目)にあって、国内制作盤らしく宮沢昭作の曲も6曲目にあります。相変わらず明快でリリシズムもあるピアノ、それでいてあまり女性的でもない感じの演奏です。どの曲もおさまりがいいというか、派手ではないけれどカッコ良いサウンド。3曲目はビル・エヴァンスの演奏が有名ですが、似たような思索的な演奏。ラテンビートで、サビやアドリブの部分がアップテンポの4ビートになるスタンダードを予想させるようなメロディアスな2曲目、しっとりとした淡いサウンドのバラードで、映画音楽を聴いているような8曲目。ジャンゴ・ラインハルト作をピアノで聴く10曲目。

« ワルツ・フォー・デビー/デヴィッド・マシューズ・トリオ | トップページ | テネシー・ワルツ/デヴィッド・マシューズ・トリオ・フィーチャリング・ジョン・スコフィールド »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/49003594

この記事へのトラックバック一覧です: アンノウン・スタンダード/デヴィッド・マシューズ・トリオ:

« ワルツ・フォー・デビー/デヴィッド・マシューズ・トリオ | トップページ | テネシー・ワルツ/デヴィッド・マシューズ・トリオ・フィーチャリング・ジョン・スコフィールド »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト