私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« パーペチュアル・モーション/デイヴ・ウェックル・バンド | トップページ | ヘッズ・アップ/デイヴ・ウェックル »

2010/07/23

Live (And Very Plugged In)/Dave Weckl Band

Davelive
デイヴ・ウェックル聴き6日目。通算8枚目のアルバムになるのかな? ライヴ盤で、しかも2枚組。スタジオ録音では聴くことができない選曲やアドリブ。そして1曲が長くなって、観客の熱気に押されてか、演奏も熱くなっています。このアルバムを彼のリーダー作のベストに推す方が何人かいらっしゃるようだけれど、それも納得。個人的には好みのタイプのベーシストのトム・ケネディが、ドラムスとデュオでスゴい速いフレーズでアドリブを長時間行う10曲目の「リズマニング」が良かったでした。そして11曲目のドラム・ソロになだれ込んでいくし。ドラムはとにかく目立つアルバム。迷った時はこのアルバムからでもいいんじゃないかな、と聴いてみて思いました。


Live (And Very Plugged In)/Dave Weckl(Ds, Per) Band(Stretch)(輸入盤) - Recorded December 17-22, 2002. Steve Weingart(Key), Tom Kennedy(B), Gary Meek(Sax) Jerry Hay(Tp on 12), Gary Grant(Tp on 12), Bill Reichenbach(Tb), Brandon Fields(Ts) - 1. Wake Up 2. Braziluba 3. Mesmer-Eyes 4. Oasis 5. Crossing Paths 6. Hesitation 7. The Chicken 8. Toby's Blues 9. Just For The Record 10. Rhythm-A-Ning 11. Cultural Concurrence 12. Tiempo De Festival

(10/07/22)CD2枚組のライヴ。メンバーのサックスがゲイリー・ミークに交替してます。再演曲も多いし7、10曲目のように有名な曲も演奏しています。6曲目はウィントン・マルサリス作。ライヴなので1曲が長いのもうれしい。6曲目はサックスとドラムス、10曲目はベースとドラムス、11曲目はドラム・ソロという構成です。この編成のデイヴ・ウェックルのバンドは定評があるところですが、ライヴでよりドラムスが目立ち、その臨場感もあってか演奏は素晴らしいです。こことばかりに実力を発揮する各パートや変幻自在の展開は、やはり固定バンドならではの味があります。それにしてもこの曲によっての盛り上がりは尋常ではありません。ハードコア・フュージョンのライヴを体験したい方には、まさにこのアルバム、っていう感じですね。

« パーペチュアル・モーション/デイヴ・ウェックル・バンド | トップページ | ヘッズ・アップ/デイヴ・ウェックル »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48946734

この記事へのトラックバック一覧です: Live (And Very Plugged In)/Dave Weckl Band:

» このチキンもイイ具合です。 [じゃこのめ_BloG]
料理の記事みたいなタイトルつけちゃいましたが、ここでいう「チキン」はもちろんジャ [続きを読む]

« パーペチュアル・モーション/デイヴ・ウェックル・バンド | トップページ | ヘッズ・アップ/デイヴ・ウェックル »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト