私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Till The End Of Time/Stephan Micus | トップページ | Compositions/Globe Unity »

2010/07/10

El Encuentro/Dino Saluzzi

2155
このアルバム、もっと早くに発売されていたのですが、注文の組み合わせの関係上、遅くなってしまいました。いちおうECM New Seriesではないので、ジャズに入れましたけど、いわゆるジャズ度は全然なく、むしろストリング・オーケストラとの演奏によって、クラシックや現代音楽的に聴こえます。まあ、ジャズファン向けというよりは、ECMファン向けの演奏ですね。昨日に引き続き、オーケストラは The Metropole Orchestra。そのストリングス部門。でもメンバーの構成は、録音年月が近いですけど、微妙に違っています。温度感が低い中に時折バンドネオンの哀愁のあるソロが入って、なかなか味わいがあります。


El Encuentro/Dino Saluzzi(Bandoneon)(ECM 2155)(輸入盤) - Recorded February 13, 2009. Anja Lechner(Cello), Felix Saluzzi(Ts), The Metropole Orchestra, Jules Buckley(Cond) - 1. Vals De Los Dias 2. Plegaria Andina 3. El Encuentro 4. Miserere

(10/07/10)全4曲がディノ・サルーシの作曲。オーケストラとのライヴなので、New Seriesに入れてもいいくらいに、曲調がクラシック/現代音楽寄りになっているサウンドです。その中で彼らしい哀愁を帯びたメロディが出てきます。バンドネオンは全曲に出てきますが、チェロは1-3曲目の、テナー・サックスは2曲目の登場となっています。寒色系のサウンドですけれども、時に道が開けて光が広がったりして、難解な部分も少なくて、比較的聴きやすいと思います。ただ、ボーダーレスの音楽なので、いわゆるインプロヴィゼーションの要素がありそうなところ以外は、ジャズ度はありません。プロデューサーにはマンフレート・アイヒャーの名前はないけれども、ECMらしいアルバムに仕上がっています。どこまで行ってもクールな感じ。

« Till The End Of Time/Stephan Micus | トップページ | Compositions/Globe Unity »

ECM2151-2200番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48841102

この記事へのトラックバック一覧です: El Encuentro/Dino Saluzzi:

« Till The End Of Time/Stephan Micus | トップページ | Compositions/Globe Unity »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト