私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« マスター・プラン/デイヴ・ウェックル | トップページ | リズム・オン・ザ・ソウル/デイヴ・ウェックル・バンド »

2010/07/18

East Of The Night/Stephan Micus

60041
いちおうこのレーベルでのステファン・ミカスはこれで最後で、この後に本家ECMレーベルの方に移って行くことになります。ただ、ECM 804 SP という特殊な品番のアルバムも1枚存在していて、どういう位置付けなのか分かりませんが、まだ彼のそのアルバムは聴いていません。今回のアルバムも比較的シンプルな録音で、多弦ギターと尺八のみでの録音。特に2曲目はギター1本での演奏(それが淡々と22分も続く)で幽玄な感じが続きます。タイトルも「For Nobuko」となっているので、サウンドからして日本を意識していると思うのですが、どうなんでしょうか。やっぱりヒーリングに近いようなアルバム。


East Of The Night/Stephan Micus(G, Shakuhachi)(JAPO 60041)(輸入盤) - Recorded January 1985. - 1. East Of The Night 2. For Nobuko

(06/09/10)2曲ともStephan Micusの作曲で一人多重録音。長い曲が2曲で、尺八(1曲目)と彼独自の考案による多弦ギター(1曲目が10弦ギター、2曲目が14弦ギター)による演奏というのが特色。ギターのフレーズというよりは弦の振動の響き合いを大切にした奏法のようで、1曲目も、その響きがカラーを変えながらゆったりとせまってくるといった感じのサウンドで、尺八のメロディも長調が基調の温かみのあるのが特徴。ゆったり度はそのままで、ギターも淡々と時にアルペジオで、時にはメロディーで進んでいきます。ラストは尺八4重奏の穏やかな世界。2曲目は14弦ギターのソロで、スペイシーで幽玄なギターソロを聴かせてくれます。タイトルからも日本の旋律、あるいは日本情緒を意識したサウンドだと思います。

« マスター・プラン/デイヴ・ウェックル | トップページ | リズム・オン・ザ・ソウル/デイヴ・ウェックル・バンド »

JAPOレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60509481

この記事へのトラックバック一覧です: East Of The Night/Stephan Micus:

« マスター・プラン/デイヴ・ウェックル | トップページ | リズム・オン・ザ・ソウル/デイヴ・ウェックル・バンド »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト