私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« It Had Been An Ordinaly Enough Day In Pueblo, Colorado/AMM III | トップページ | Wings Over Water/Stephan Micus »

2010/07/15

Boundaries/Elton Deen(As, Saxello) Quintet

60033
今日もプロデューサーがスティーヴ・レイクとエルトン・ディーンの2人なので、ハードなフリーだな、と思ったらアタリ(笑)。でも’80年の録音でもこういうフリーがあるのだな、と思いました。エルトン・ディーンが元「ソフト・マシーン」でのサックスの人なんてこともはじめて知ったし、このアルバムの音を聴くと連想できないほどですね。スティーヴ・レイクの場合、この後ECMでもプロデューサーのクレジットを見かけることがありますが、そういうアルバムはやっぱりハードでECMらしくない。今日のアルバムはまったりとホーンがメロディを奏でているなあ、と思うと気がついてみたら全員一丸となってハードなフリーを繰り広げている、という曲が数曲、印象に強かったです。


Boundaries/Elton Deen(As, Saxello) Quintet(JAPO 60033) - Recorded February 1980. Mark Charig(Cor), Keith Tippett(P, Marimba, Voice, Bottle), Marcio Mattos(B), Louis Mohotolo(Ds) - 1. Boundaries 2. Oasis 3. Basho 4. Out Of Bounds 5. Fast News

4曲目が全員のインプロヴィゼーションの他は、エルトン・ディーン作曲。元「ソフト・マシーン」でのサックスの人ですが、やはりここではサウンド的にはフリー・ジャズにかなり近いニュアンス。サックスとコルネットの浮遊感のあるテーマを追うように自由なリズムやピアノが動きまわるフリーのサウンドのタイトル曲の1曲目、出だしのしっとりとしたピアノの上をホーンがゆったりと舞い、さらにピアノを含め全楽器が自由に寄り添うように進んで盛り上がり爆発する、12分台のフリーの2曲目、テーマの部分から全開になっている緩と急が同居している激しめの3曲目、混沌とした音世界を時に転がるようにフレーズが飛び交う4曲目、ピアノがフリー+マッコイ・タイナーのような動きをして激しいフリーにスパイスを入れている5曲目。(06年4月19日発売)

« It Had Been An Ordinaly Enough Day In Pueblo, Colorado/AMM III | トップページ | Wings Over Water/Stephan Micus »

JAPOレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60509496

この記事へのトラックバック一覧です: Boundaries/Elton Deen(As, Saxello) Quintet:

« It Had Been An Ordinaly Enough Day In Pueblo, Colorado/AMM III | トップページ | Wings Over Water/Stephan Micus »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト