私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Kenny Davis/Kenny Davis | トップページ | To The One/John McLaughlin And The 4th Dimention »

2010/06/30

Turnaround/The Dave Liebman Group

Daveturn
4月購入の新譜聴き4日目。何とか4月購入分は6月中にアップを終わらせることができました。あとは5-6月購入分が6枚。このアルバムも、デイヴ・リーブマンがオーネット・コールマンの曲ばかりを演奏するというので早く聴いてみたかったのですがなかなか順番がまわって来なくて。やっぱり彼の曲を演奏するにはピアノレスの編成がいいなあ、とこれを聴いて改めて思ったものでした。自由に進んでいくサウンドは、なかなか特徴もとらえているし、リーブマン独自の演奏の部分もありますし。唯一オリジナルのラストの曲は、サックスの咆哮がリーブマンらしいのですが、何となく、オーネットも意識したような演奏です。


Turnaround/The Dave Liebman(Ts, Ss, Wooden Fl) Group(Jazzwerkstatt)(輸入盤) - Recorded January 5 and 6, 2009. Vic Juris(G), Tony Marino(B), Marko Marcinko(Ds, Per) - 1. Enfant 2. Turnaround 3. Kathelin Gray 4. Bird Food 5. Lonely Woman 6. Cross Breeding 7. Face Of The Bass/Beauty Is A Rare Thing 8. Una Muy Bonita 9. The Blessing 10. The Sky

(10/06/30)10曲目がデイヴ・リーブマン作曲の他は、オーネット・コールマン集。サックスとギターがフロントなので自由度が高く、オーネットの自由な感じがアレンジが違うにしろ、あらわされているサウンドです。リーブマンは原曲の良いところもあれば、完全に自分のものにして演奏するものもあれば、という感じで、演奏している幅はけっこう広いですが、やっぱりオーネットの曲だよなあ、と思わせる演奏。割とオーネット風に派手にドカドカと演奏したり、3、7曲目のように、アコースティック・ギターを使ってしんみりとした演奏をする場面もあります。ただ、サックスはリーブマンの方が正統派的にうまいので、スマートになってしまったかな、という感じもあります。ロンリー・ウーマンは、流れる中にWooden Fluteを使っている点で面白い。

« Kenny Davis/Kenny Davis | トップページ | To The One/John McLaughlin And The 4th Dimention »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

実はオーネット・コールマンはあまり好きではないのですが、本作を聴いてその良さが少しは分かったような気がします。
といってもコールマンの楽曲を取り上げているだけであって、演奏の方はあくまでもリーブマン・バンドそのものでしたけどね。
このメンバーでのアルバムは他にも何枚か聴いているのですが、本作が一番気に入りました。

今日もまたTBが入っていないようなので、URLで失礼します。
http://blog.goo.ne.jp/narymusic/e/4834079c5430cacb44c8a0d2af997347

>naryさん

コメントありがとうございます。ちょっと前まではTB入らないことはめったになかったんですけど、またそのうち入ることを期待して。

オーネット・コールマンよりは正統派的にはデイヴ・リーブマンの方がサックスの方が上手い、ということがあって、やはりスマートに、かつダイナミックに仕上がっていたという感じです。

ただ曲は、オーネットってどういじっても原曲を忘れさせないものを作るところがあって、そこが彼の曲をやる人が多い原因なのかな、とも思ってみたりしました。

工藤さん,改めましてこんにちは。こちらにもTBありがとうございました。

私としてはこのアルバムは予想よりもよかったというか,ColemanとLiebmanの組み合わせへのちょっとした不安なんて意味がなかったなぁと思ってしまいました。いずれにしても楽しめるアルバムだったと思います。

ということでこちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

オーネット・コールマンとデイヴ・リーブマンのキャラクターはだいぶ違いますから、私も聴く前はどんなアルバムかな、と思っていました。

でも、聴いてしまえばなーるほど、と思ったアルバムでもあり、今回聴いておいて良かったです。もう一人のフロントのギターも正解でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48762662

この記事へのトラックバック一覧です: Turnaround/The Dave Liebman Group:

» これはやっぱり期待しちゃうよねぇ:Liebman Plays Ornette Coleman [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Turnaround: The Music of Ornette Coleman Dave Liebman Group (Jazzwerkstatt)心あるジャズ・ファンがこのアルバムについて噂を聞け [続きを読む]

« Kenny Davis/Kenny Davis | トップページ | To The One/John McLaughlin And The 4th Dimention »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト