私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Inversions/David Hazeltine | トップページ | 「ECM catalog」(河出書房新社)は7月13日発売予定 »

2010/06/16

See The Pyramid/Walt Weiskopf

1327
Criss Crossレーベル新譜聴き4日目で一段落。今までウォルト・ワイスコフって、曲目を見るとオリジナルばかりで、メカニカルかつハードに演奏していたと思うのですが、プロデューサーの意向でしょうか、他人のポップス、ポッサ、スタンダード関係の比率が少し今回は高くなっています。そんなこと、知らんもんね、という感じでアレンジも大胆に独自の路線で演奏している曲もありますけど、やっぱりメロディアスな曲は自由にやっていてもメロディアスになるわけで。これはこれで面白い、とは思うのですが。やっぱり彼の本質は1曲目のメカニカルかつハードなタイトル曲だと思います、というのも先入観なのかな、なんて思ってみたり。


See The Pyramid/Walt Weiskopf(Ts)(Criss 1327)(輸入盤) - Recorded February 1, 2010. Peter Zak(P), Doug Weiss(B), Quincy Davis(Ds) - 1. See The Pyramid 2. Marcieana 3. Hook Me Up 4. Equality 5. Call Me 6. Little Minor Love Song 7. Double Rainbow 8. A Time For Love 9. Goobye John 10. Make Someone Happy

(10/06/15)Walt Weiskopfの作曲は5曲(1-4、6曲目)で、他はポップス、ポッサ、スタンダードなど。どちらも演奏は彼らしいか。めまぐるしいメカニカルなテーマとアドリブを持つアップテンポの1曲目、スマートで浮遊感を持つボッサ的なサウンドで中盤と後半盛り上がる2曲目、8分の6と4分の4の複合拍子のような、ソロが活発な3曲目、やはりボッサ的に演奏をしつつソロが自由な4曲目、ポップスのようだけどオリジナルに聴こえる5曲目、逆にスタンダードのようなミディアムアップテンポの4ビートの6曲目、ジョビン作とは思えないような大胆なアレンジの7曲目、テーマアレンジが思い切りのよい、アップテンポの4ビートの8曲目、牧歌的な明るいバラードでゆったりする9曲目、やはり活発だけどメロディアスなソロもある10曲目。

« Inversions/David Hazeltine | トップページ | 「ECM catalog」(河出書房新社)は7月13日発売予定 »

Criss Cross1301-1350番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48638110

この記事へのトラックバック一覧です: See The Pyramid/Walt Weiskopf:

« Inversions/David Hazeltine | トップページ | 「ECM catalog」(河出書房新社)は7月13日発売予定 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト