私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Remembrance/Ketil Bjornstad | トップページ | HMV渋谷店が8月で閉店 »

2010/06/05

Quiet Inlett/Food/Thomas Stronen/Iain Ballamy

2163
ECMレーベル新譜聴き7日目で一段落。今回ECMの新譜を聴いてきて、ジャズらしい感じのするのはなく、どこかボーダーレスのものでジャズの色がないか、薄いものが多かったです。現代ジャズを象徴するような動きでもあるし、このレーベルがそういう方向性を強めていることもあるでしょうね。このアルバムのメンバーも、ジャズはやろうと思えばできるんだろうけれど、あえて抑制をかけて、エレクトロニクスも割と地味に使い、民族音楽的な、無国籍的なサウンドにした雰囲気があります。でも、快進撃を続けているECMのことだから、やはりヨーロッパには受け入れられているんだろうなあ、とは思います。日本ではどうでしょうか。


Quiet Inlett/Food/Thomas Stronen(Ds, Live-electronics)/Iain Ballamy(Ts, Ss)(ECM 2163)(輸入盤) - Released 2010. Nils Petter Molvaer(Tp, Electronics on 2, 4-6), Christian Fennesz(G, Electronics on 1, 3, 7) - 1. Tobiko 2. Chimaera 3. Mictyris 4. Bacalmed 5. Cirrina 6. Dweller 7. Fathom

(10/06/02)全曲、グループ「Food」の作曲。Thomas StronenとIain Ballamyのユニットと考えてよさそう。エレクトロニクスを多用していますが、あまり電気電気した感じではなく、効果的に使われています。そして、 ECMらしいゆったりした空間の多いサウンドであり、どことなく民族音楽を想像させるような曲調。素朴と言えば素朴な感じのメロディと打楽器で、そこにエレクトロニクスが絡んで、けっこう考えられているサウンドかも。ドラムスのビートのある程度効いた曲もあるけれど、管楽器が全然シャープではなくて、包み込むような、しかもこれまた素朴な民謡的なメロディなので、本質的には西欧作の民族音楽なのかな、と思わせるサウンドです。メンバー的にはECM的なのですが。地味な感じもするけどヨーロッパではウケそう。

« Remembrance/Ketil Bjornstad | トップページ | HMV渋谷店が8月で閉店 »

ECM2151-2200番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48525794

この記事へのトラックバック一覧です: Quiet Inlett/Food/Thomas Stronen/Iain Ballamy:

« Remembrance/Ketil Bjornstad | トップページ | HMV渋谷店が8月で閉店 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト