私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Crime Scene/Terje Rypdal | トップページ | Oylam/Judith Berkson »

2010/06/01

One Dark Night I Left My Silent House/Marilyn Crispell/David Rothenberg

2089
ECMレーベル新譜聴き3日目。いかにもECMレーベルといったアルバムが続きます。おそらく完全なフリー・インプロヴィゼーションで、ピアノ(時にサウンドボード、パーカッション)とバス・クラリネット(時にクラリネット)とのデュオ。他のレーベルからではなかなか出しにくいフォーマットではありますね。ジャズって、好みの多様性から、こういったアルバムもそれなりに売れているみたいです。特にヨーロッパではこういうサウンド、好きな方は少なくないのだとか。聴く人を選ぶでしょうけれども、聴いてみるとなかなか興味深いアルバムです。スイングするジャズとは全然別の立ち位置にはいますけど。


One Dark Night I Left My Silent House/Marilyn Crispell(P, Soundboard, Per)/David Rothenberg(Bcl, Cl)(ECM 2089)(輸入盤) - Recorded March 2008. 1. Invocation 2. Tsering 3. The Hawk And The Mouse 4. Stay, Stray 5. What Birds Sing 6. Companion: Silence 7. Owl Moon 8. Still Life With Woodpeckers 9. Grosbeak 10. The Way Of Pure Sound 11. Motmot 12. Snow Suddenly Stopping Without Notice 13. Evocation

(10/05/31)全曲2人の作曲なので、フリー・インプロヴィゼーションを通しているのか。タイトルはついているけれども、連続した情景描写のような淡々とした音楽。ピアノとバス・クラリネット(クラリネット)という編成で、研ぎ澄まされたサウンドが繰り広げられています。聴く人にある程度の緊張感を強いる場面もあるかもしれませんが、ゆったりした感覚の時もあります。その語り合いが、ECMならではの、そしてまさに2人だけの世界を繰り広げています。またピアノだけではなくて、サウンドボードやパーカッションとのやり取りは少し活発になって、これらの曲はある程度の躍動感も出てきます。全開とまではいかなくても、5、9、11曲目のようにいかにもフリーのような曲も。7曲目など作曲されたようなメランコリックな曲もありますが。

« Crime Scene/Terje Rypdal | トップページ | Oylam/Judith Berkson »

ECM2051-2101番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48513617

この記事へのトラックバック一覧です: One Dark Night I Left My Silent House/Marilyn Crispell/David Rothenberg:

« Crime Scene/Terje Rypdal | トップページ | Oylam/Judith Berkson »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト